コラムバックナンバー

本日は代表の大内からお知らせです。
アナリティクスアソシエーションは今年度から新しい体制になりました。10年の節目を迎えて新たな一歩を歩み出します。

まず協議会運営体制が新しくなりました。代表の私、大内とアユダンテ株式会社、アーキタイプ株式会社、株式会社クリエイティブホープという従来からの協議会運営陣に加え、このたび新たに株式会社イー・エージェンシーと株式会社プリンシプルが参画します。そして株式会社ビービットにも事業パートナーとして、協議会運営でのアドバイスをいただきます。
新たに参画する3社は、すでにセミナーやサミットで、講師として参加いただいています。ともに成長してきたもの同士が、この協議会がさらに業界に貢献できるよう活発な議論を開始しています。
新体制は新年度4月からスタートしていましたが、正式な発表は、先週株式会社イー・エージェンシー、株式会社プリンシプルからのプレスリリースでお知らせさせていただきました。

もう一つ「セミナー編成委員会」の取り組みがはじまっています。
こちらはセミナーやサミットなどイベントの企画を行う委員会です。委員長のいちしま泰樹さんをはじめ、運営堂の森野誠之さん、ナンバーの渋谷泰一郎さん、アユダンテの寳洋平さん、クリエイティブホープの成瀬祥太さんと、それぞれの分野でご活躍で、かつ参加者の立場にたって企画を考えていただける方にお集まりいただいています。
編成委員は毎回のセミナーのテーマや講師陣をいろいろなアイディアを出しながら決めています。さらに企画した編成委員は、自身が企画したセミナーの司会を担当します。

アナリティクスアソシエーションは、この春から急に大家族になったようです。コミュニケーションスタイルもSlackに変わり、多くの新しいアイディアや課題がやり取りされています。
ホームページも刷新し、今後の年間計画のページも作りましたので、ぜひご覧いただければ幸いです。

【株式会社イー・エージェンシー】アナリティクス アソシエーション(a2i.jp)に資本参加。新体制発足で事業運営に参画

【株式会社プリンシプル】a2i.jp アナリティクス アソシエーション LLCに資本参加

年間計画と参加費用

コラム担当スタッフ

大内 範行

アナリティクスアソシエーション
代表
オオウチコム

アナリティクスアソシエーション代表
主な会社経歴は、日本アイ・ビー・エム、マイクロソフト、Google、コニカミノルタジャパン。
Googleでは、2011年から7年間、Googleアナリティクスの技術サービス・マネージャとしてアナリティクスの普及をリードした。コニカミノルタジャパンでは、デジタルマーケティング戦略部の部長として、事業会社のデジタルマーケティング戦略を支援しつつ、ソリューション戦略をリードする役目を担っている。
その他、2000年には自らSEO企業を創業、また数々のSEOやアナリティクスの書籍も執筆してきた。
主な著書『できる100ワザ SEO&SEM』、『できる100ワザ Google Analytics』、『SEM検索連動型キーワード広告 Web担当者が身につけておくべき新100の法則』。
2008年に代表として協議会「アナリティクスアソシエーション (a2i.jp)」を設立し、現在に至るまで10年以上、その企画運営を行っている。2015年6月に協議会アナリティクスアソシエーションから『新しいアナリティクスの教科書』(インプレス)を出版

主な講演

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】A/Bテストの多くは刹那的なものだということに気づくべきだ

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2018年12月5日号より

    「A/Bテストを重ねていけば、結果として数字はずっと良くなっていることになる」という謎理論は誰が言い始めたのでしょう。 Webサイトやアプリ …

  • 【コラム】データ分析とデータドリブンマーケティング

    Option合同会社 柳井 隆道
    発信元:メールマガジン2018年11月28日号より

    よく「分析のアウトプットは次の行動につながらないといけない」と言われます。果たしてそんな必要はあるのか、もやもや感じることがあります。分析は …

  • 【コラム】女性こそデータ分析のスキルを

    株式会社Rejoui 菅 由紀子
    発信元:メールマガジン2018年11月14日号より

    前回のコラムでは「近年のデータ分析業界の変化について考える」と題し、私自身が起業して以降2年間で感じた変化について寄稿いたしました。 前回の …

バックナンバー一覧へ