コラムバックナンバー

GTMに同意モードという機能が加わっています。これについて解説します。
最近、日本のウェブサイトでも、Cookieの利用について、同意を求めるポップアップが少しづつ増えてきました。

これには3つの背景があります。
一つは、欧州ですでにはじまっているGDPRの規制に対応するグローバル企業の対応です。
二つ目は、日本でも総務省が、Cookieの取り扱いについてガイドライン(来年施行予定)を出したことが挙げられます。
三つ目として、ブランドを重んじる企業として、同意を求める姿勢こそが重要だ、と「配慮」をした面があります。

GTMの同意モードは、この同意を確認するポップアップに応じてCookieとタグの制御を実行します。
Cookieの活用に同意した場合、同意しない場合、それぞれ、Cookieを保管するかしないか、さらに計測タグそのものを発行するかしないか、をGTMの設定で制御します。

注意が必要なのは、GTMは同意のポップアップUIそのものは提供しない、ということです。ポップアップのUIは他のツールの導入が必要です。あくまでGTMはそうしたツールと連携し、Cookieやタグの制御をする役割です。

さて、このGTMの同意モードには、Googleらしい面白い機能が実装されています。
Cookieの利用についてポップアップで同意しなかったユーザーは、計測用のCookieが使えませんから、コンバージョンがわかりません。これでは、広告効果が計測できませんね。
そこでGoogleは、同意しなかったユーザーについて、機械学習のモデルを使って、コンバージョン数を予測していきます。

前回のコラムでアプリでの同様の機能を紹介しました。
アップルのiOS14.5で実装されたATT(デバイスID取得の同意)でも、Googleが広告の推定コンバージョンを予測して出す、という話題に触れました。
Googleはウェブでも同様に、Cookie取得非同意ユーザーについて、コンバージョンの数と割合を予測して出してくれます。
その推定コンバージョンは、入札にも活用されます。

この4回ほどのコラムで、プライバシー保護について書いてきました。
プラバシー保護への対応は、かなり面倒な世界です。仕様もわかりにくく、設定も複雑です。もはや担当者が把握できるレベルではなくなってきています。
面倒な設定は、もうGAのリセラーなどのパートナーにまかせてしまいましょう。また、広告の計測データはGoogleの機械学習にまかせてしまうのが早いです。
デジタルマーケティングの担当者はあまり深入りせず、ユーザーの声を聞いたり、キャンペーンの改善に時間を使っていくべきです。

コラム担当スタッフ

大内 範行

アナリティクスアソシエーション
代表
オオウチコム

アナリティクスアソシエーション代表
日本アイ・ビー・エム、マイクロソフト、Google。Googleでは2011年から7年間、Googleアナリティクスのマネージャなどを歴任。その他、SEO会社起業や日本の事業会社のデジタルマーケティングに従事してきた。
2019年からはJellyfishにVP Analyticsとして参画。
並行して2008年から協議会「アナリティクスアソシエーション (a2i.jp)」代表としてウエブ分析の普及に取り組んでいる。
仕事の傍SEOやアナリティクスの書籍も多数執筆。
主な著書『できる100ワザ SEO&SEM』、『できる100ワザ Google Analytics』、『SEM Web担当者が身につけておくべき新100の法則』など。

主な講演

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】機械学習のはじめかた

    株式会社Rejoui 菅 由紀子
    発信元:メールマガジン2021年9月22日号より

    かつては高度なプログラミング能力や高額なソフトウェアを持っていなければ行えなかった様々なデータ解析の手法も、様々な企業から提供されているAP …

  • 【コラム】型はあるがお手本はない、みな事情が異なるのだ

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2021年9月15日号より

    パラリンピックの閉会式を見ていたとき、実況を務めるアナウンサーが話していた内容が印象に残りました。正確ではありませんが、このような趣旨だった …

  • 【コラム】DXプロジェクトとツール選定の際に考えること

    Option合同会社 柳井 隆道
    発信元:メールマガジン2021年9月8日号より

    最近のデジタルトランスフォーメーションの動きの中で、エンジニアでない一般のマーケターでもCMS、行動計測ツールやCDP、マーケティングオート …

バックナンバー一覧へ