コラムバックナンバー

7月18日、特別セミナー「顧客が見えればビジネスが動く – Adobe、GA360、Tableau」が開催され、最初の講演はピクシブさんによる「サービス横断のデータ解析」がテーマでした。
ピクシブには、本体のpixiv以外にもe-Commerce やコミック販売など複数のサービスがあります。それまでサービスごとにバラバラだったデータ分析環境を統合して、ユーザー単位でビジネス改善ができる横断データ環境を構築したというのがストーリーです。
講演後に活発な質問があり、その中で「横断的なデータ統合環境構築に、どのくらいの期間がかかったのですか?」という質問がありました。
「3ヶ月」というのが副社長の清水千年さんの回答でした。事業会社がDMPを構築する期間としては、結構短期間です。司会の私は思わず「3ヶ月。なぜ短期間で実現できたのですか?」と聞いてしまいました。「Googleタグマネージャ(GTM)が入っていましたからね」というのが清水さんの回答でした。

事業部やサービスを横断したウェブデータの取得には、計測用のJavaScriptタグの設定やカスタマイズが必要になる場合が多いです。サービス横断の共通タグを新たに導入する場合もありますし、外部のユーザーを紐つけるためCookieのIDと会員IDを取得するためのカスタマイズなども必要になります。
しかし、私の経験上、この全社サイトへのタグ導入設定で、プロジェクトがいったん止まってしまう場合がままあります。

事業部横断のプロジェクトの場合、事業部間の調整が大変と言われますが、その要素は「調査」や「作業」を依頼するからです。サイトのカスタマイズ作業の場合、外注先の制作会社やCMSを導入したSI会社も絡んでくるかもしれません。
日々の作業の中で、新たなプロジェクトのために作業工数を割くのは、なにかと難しく「横断プロジェクト」の優先順位はなかなかあがりません。

GTMがすでに全サイトに導入されていれば、確かにタグの設定カスタマイズの作業への抵抗は相当軽減されますので、「事業部横断プロジェクト」のスピードを早める大きな要因になりそうです。
データ統合プロジェクトに取り組む場合、「GTMの全社導入」というのは、その後の円滑な進行のためにも必須だ、という思いを強くしました。

でも、GTMを入れれば安泰か、というとそう簡単ではありません。そもそも、GTM自体、事業部ごとに別々のコンテナIDのGTMが設置されている場合もあります。GTMを誰が実際に管理運用するのか、というのも新たな課題です。
実際、私が確認した限りでは、ピクシブさんのサイトも、GTMはサービスごとに別々のコンテナIDのGTMがはられていたり、サービスによってはGTMが設定されていないサイトもあるようです。
それでも、タグを全ページ洗い出して、直張りでタグを導入テストしていく作業と比較すれば遥かに楽になるはずです。
昨今のGDPRなどに対応した個人情報保護への対応にも、Cookieを発行するタグのスムーズな管理運用という面から、やはりGTMが不可欠でしょう。

もしあなたが事業部のデータ統合プロジェクトの担当になったら、真っ先にするのは、サイトのタグの状況の確認、そして全サイトへのGTM(あるいは同等のタグマネージャ)の導入が必須だと言えそうです。

コラム担当スタッフ

大内 範行

アナリティクスアソシエーション
代表
オオウチコム

アナリティクスアソシエーション代表
主な会社経歴は、日本アイ・ビー・エム、マイクロソフト、Google、コニカミノルタジャパン。
Googleでは、2011年から7年間、Googleアナリティクスの技術サービス・マネージャとしてアナリティクスの普及をリードした。コニカミノルタジャパンでは、デジタルマーケティング戦略部の部長として、事業会社のデジタルマーケティング戦略を支援しつつ、ソリューション戦略をリードする役目を担っている。
その他、2000年には自らSEO企業を創業、また数々のSEOやアナリティクスの書籍も執筆してきた。
主な著書『できる100ワザ SEO&SEM』、『できる100ワザ Google Analytics』、『SEM検索連動型キーワード広告 Web担当者が身につけておくべき新100の法則』。
2008年に代表として協議会「アナリティクスアソシエーション (a2i.jp)」を設立し、現在に至るまで10年以上、その企画運営を行っている。2015年6月に協議会アナリティクスアソシエーションから『新しいアナリティクスの教科書』(インプレス)を出版

主な講演

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】A/Bテストの多くは刹那的なものだということに気づくべきだ

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2018年12月5日号より

    「A/Bテストを重ねていけば、結果として数字はずっと良くなっていることになる」という謎理論は誰が言い始めたのでしょう。 Webサイトやアプリ …

  • 【コラム】データ分析とデータドリブンマーケティング

    Option合同会社 柳井 隆道
    発信元:メールマガジン2018年11月28日号より

    よく「分析のアウトプットは次の行動につながらないといけない」と言われます。果たしてそんな必要はあるのか、もやもや感じることがあります。分析は …

  • 【コラム】女性こそデータ分析のスキルを

    株式会社Rejoui 菅 由紀子
    発信元:メールマガジン2018年11月14日号より

    前回のコラムでは「近年のデータ分析業界の変化について考える」と題し、私自身が起業して以降2年間で感じた変化について寄稿いたしました。 前回の …

バックナンバー一覧へ