コラムバックナンバー

起業して2年が経ちました。

人事・HR、教育領域のデータの利活用を行いたいと思い起業しましたが、この2年でHR領域だけでなくデータサイエンスの領域には様々な変化が起きていると実感しています。今回は、この2年間で私自身が感じた顕著な変化について挙げてみたいと思います。

◆専門職以外の方の分析スキル学習ニーズ
統計・データサイエンスのスキルの獲得をしたいというニーズがデータサイエティストやアナリストを目指す方ではなく、他領域の実務家の方から増えました。ビジネスパーソンの「当たり前」のスキルとして、統計の基本的なことを学びたい、あるいはそれをベースに実務に活かせる分析手法を学びたいといった要望が多いです。データサイエンティストや分析者は引き続き人材不足の状況ですが、専門職以外の方が学ばれるのは人手不足の解消にもつながるだけでなく、分析者が仕事する相手方・依頼元の理解が深まることになりますので、同じ言葉で会話ができ、分析プロジェクトが進めやすくなります。専門職以外の方が統計・データサイエンスを学ばれることは、双方にとってハッピーで非常に喜ばしいことではないでしょうか。

◆データ取得方法、管理方法についての相談
これは私が現在行っているHR領域での話ですが、分析をする・しないに関わらず「いずれ分析に活用できるデータ」を整理して取得しておくことがいかに重要であるかということが人事部門、経営者に浸透してきたように感じます。HRでのデータ利活用事例がいくつか出てきたことが、これを後押ししているようです。このような意識が浸透し、どのデータをどのような形で保持しておく必要があるか、課題解決のために未だ取得できていないデータがある場合は、どのように取得すればよいかというご相談が多くなりました。様々なシーンでデータを活用していこうという気運は今後しばらく続き、いずれは当然という時代になってくることでしょう。

◆分析プロセスの見直し
自社に分析者がおり、チームで分析プロジェクトを実行しているが、うまくいっていない/示唆が得られないので相談に乗って欲しいという相談も多くいただきます。お引き受けしてプロジェクトに関わらせていただくと、課題設定から分析のアプローチ、データの収集、分析~結果の解釈までプロセスの見直しを行うことがほとんどです。その場合にデータサイエンティスト協会とIPAで整理したデータ分析業務の一連のタスクリストが非常に役に立っています。

ITSS+ データサイエンス領域 タスクリスト

以前もこちらのコラムで紹介しておりますが、ぜひ分析者やデータの利活用に関わる方たちには今一度意識をしていただければと思います。

これら以外にも多くの変化が起きています。それらについては今後も定期的に触れていきたいと思います。

コラム担当スタッフ

菅 由紀子

株式会社Rejoui
代表取締役

2004年株式会社サイバーエージェント入社。2006年3月に株式会社ALBERTに転じ、データ分析業務を担当。顧客行動分析やDMP構築アドバイザリー等多数のプロジェクトを担当。
2016年9月にHR&Learning 分野専門の分析会社 Rejouiを設立。
アナリティクスアソシエーションプログラム委員、データサイエンティスト協会スキル委員。
株式会社Rejoui 代表取締役をつとめながら関西学院大学大学院ビジネススクールの非常勤講師としても活躍中。

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

バックナンバー一覧へ