コラムバックナンバー

アナリティクス アソシエーションは10年目を迎え、記念の特設ページも公開されました。
【特設ページ】2017年、アナリティクスアソシエーションは、10年目を迎えましたその特設ページでは、アナリティクス アソシエーションゆかりの方々から「5年後のアナリティクス」というテーマで短いメッセージをいただいています。

ぜひご覧いただければと思うのですが、実は皆さん、違う表現ながら非常に似た内容をおっしゃっています。自動化、AI、IoT、分析の前後がより重要になるはず、むしろ分析なんかじゃなくその先を取り組みたいのだ、云々……。

そのような内容をいただけるのではと少し期待して、「5年後のアナリティクス」というテーマでメッセージを依頼したというのもあります。

さて、その未来の萌芽は少しずつ出ていますし、皆さんも感じ取っていらっしゃるのではないでしょうか。

たとえば、多くの方々が利用されているGoogleアナリティクス。AndroidやiOSのアプリでは「アシスタント」という機能が利用でき、機械学習で抽出された「発見と提案」のメッセージを確認できます。

自社関係のサイトや私個人のサイトでいくつか見てみますと、このような内容が表示されていました(実際には英語です)。

・先週、新規ユーザーが○○%増えましたよ。PCの自然検索経由の増加が影響していますよ
・いくつかのランディングページで先月CVRが下がってますよ。もし○○してないのなら○○を確認してみては?
・先月、サイト内検索の利用が○○%増え、キーワードAとキーワードBがこれだけ増えましたよ。もし○○ならサイトやページのオファーをそれに合わせてみては?

すでに知っている情報もありますし、取るに足らない内容もあります。能動的に知りたい情報というよりも、どちらかといえば受け身の情報です。

しかし、新たな発見もありますし、人によっては有益な情報もあるでしょう。何より、普段のモニタリングではなかなか気が付かない情報を自動で抽出してきて、かつ「もしこうなら、こうしてみては?」と簡単な提案内容を含むことがあるのです。

2017年、Webサイトのアナリティクスはここまできました。一部は、10年前から(そしていまも)人間が取り組んできた内容かもしれません。

ちょうど昨今、グーグルやマイクロソフトによる翻訳アプリが、そのリアルタイム性と品質で話題です。5年後どうなっているかを想像すると、ちょっとわくわくします。

そして、5年後のアナリティクスもどうなっているでしょうか? あなたはどの領域でどのような仕事をしているでしょうか?

【特設ページ】2017年、アナリティクスアソシエーションは、10年目を迎えました

コラム担当スタッフ

いちしま 泰樹

株式会社真摯
代表取締役
真摯のブログ
makitani.com

外食チェーンストア、百貨店、Web制作会社(株式会社TAM、デジパ株式会社)、インターネット広告代理店(株式会社アイレップ)を経て独立。2010年にCinciを設立し、のち株式会社真摯として法人化。

マーケティング視点と分析データの根拠を元に、クライアントのデジタル領域のビジネス改善を支援している。a2iセミナー編成委員会。

著書に『Google アナリティクス 実践Webサイト分析入門』(インプレス)。

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】AI・データと公平性・倫理について

    株式会社Rejoui 菅 由紀子
    発信元:メールマガジン2020年4月1日号より

    AI・データ活用において、公平性や倫理を求める動きが活発になっています。 2020年4月現在、世界はパンデミックにより大きな変革を遂げようと …

  • 【コラム】いいことも悪いことも、すべては過ぎ去っていくのだ

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2020年3月25日号より

    先行き見えない重い話題が多く、正直なところコラムの話題を何にするのかうまく思いつきません。できるだけ明るい気持ちでキーボードを打っていきまし …

  • 【コラム】新型コロナウイルス騒動に見るデータの見方

    Option合同会社 柳井 隆道
    発信元:メールマガジン2020年3月18日号より

    昨今の新型コロナウイルス問題、断片的な情報から不安が増大して騒動になっている感が否めません。こういう時に正しく数字を見ることの重要性を改めて …

バックナンバー一覧へ