コラムバックナンバー

ゴールデンウィークの連休中、カメラを持って日帰りで毎日のように出掛けていました。そして、帰宅してパソコンで写真データを整理していると、必ず思うのです。

もっといいカメラなら、いいレンズなら、素敵な写真が撮れるのに、と。

もちろんわかってはいるのです。カメラやレンズがよくても必ずしもいい写真は撮れません。

何をどう撮るか、構図やシャッターチャンスやセンス、そして絞りやシャッタースピードや露出補正といった技術的な部分、等々…。様々な側面を磨かなければ、安定していい写真は撮れません。


もちろん、高価で高機能なカメラであれば、技術的な部分をある程度自動で処理してくれるので、構図やシャッターチャンスに専念することができます。いいレンズであれば、より被写体に近づくことができ、また繊細で深みのある写真が撮れます。

結局のところ、何をどう撮るか、そのためにカメラに何を求め、どう活かし、任せるか。そうやって少しずつ写真の腕は上がっていくのだと思います。あとは日々の努力の積み重ね。

なんだか、アクセス解析ツールと似ています。カメラもアクセス解析ツールも「道具」「ツール」ですから、そうですよね。道具やツールにおんぶにだっこでは、「それなり」のレベルで終わります。

高価で高機能のアクセス解析ツールを導入しても、何をどう分析し、どう活かすかにしっかり取り組まなければ、ビジネスの改善に繋がりません。高機能だからこそ得られるデータやレポートも、目的なくそれを眺めるだけであったり、次につなげることをしなければ、ただの数字です。

そういう視点で、アクセス解析ツールに向き合ってみませんか。ツールが何かをしてくれるのではなく、我々がツールに何をしてもらうのか。

と、自分が求めるカメラの選定に入った次第です。予算も捻出して稟議も通さなければいけません。

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】ウェブ解析における「離脱」という行動

    Option合同会社 柳井 隆道
    発信元:メールマガジン2019年8月21日号より

    ウェブ解析でよく出てくる概念として「離脱」があります。この離脱とは一体何のことを指すのでしょうか? 大まかにいえばウェブサイトを訪問し、何ペ …

  • 【コラム】日本人の評価が辛いぞ問題

    アナリティクスアソシエーション 大内 範行
    発信元:メールマガジン2019年8月7日号より

    アマゾンはじめ商品レビューやレストランのレビュー、あるいは満足度調査の評価について、日本が他の国に比べて点数が低くなる傾向がある。そのような …

  • 【コラム】データサイエンティストスキルチェックリスト見直しに際して

    株式会社Rejoui 菅 由紀子
    発信元:メールマガジン2019年7月31日号より

    データサイエンティスト協会スキル定義委員として、スキルチェックリストおよびタスクリスト見直しを行っています。本リストでは、データサイエンティ …

バックナンバー一覧へ