コラムバックナンバー

ウェブ計測の設定の際、とりあえずクロスドメイントラッキングをやりたいという要望をよく耳にします。自社が複数のサイトを別ドメインで運用している場合に、サイトをまたいで同一ユーザであることを特定したいという意図です。ところがクロスドメイントラッキングはこのようなニーズを部分的にしか満たすことができません。場合によっては弊害を生むこともあるのです。

まずクロスドメイントラッキングの仕組みを簡単にまとめると、別ドメインへの遷移の際、リンクに遷移元ドメインにおけるユーザ(ブラウザ)の識別子を付加します。それによって遷移先ドメインではアクセスしたときに遷移元ドメインの識別子が付いた状態になっており、設置された計測タグがその識別子を読み込むことで識別子が引き継がれるのです。たとえばGoogleアナリティクスではこんな仕組みになっています。

[GA4] クロスドメイン測定のセットアップ

クロスドメイントラッキングというものが正しく認識されていないために、複数ドメイン運用の際に必ずサイトをまたいだ同一ユーザの特定ができると勘違いされているのです。

1. 遷移がなければ、リンクやフォームがなければ適用されない

ドメイン www.example1.com から www.example2.com に遷移する際に識別子が引き継がれるのです。ドメイン間遷移がなく、 www.example1.com と www.example2.com のそれぞれに検索エンジンなどからの流入がある場合にはそれぞれ別ユーザとして認識されます。

2. クロスドメイン遷移先のサイトでデータが分断される

あるユーザがもともと自然検索から www.example1.com と www.example2.com にそれぞれ別の機会に流入し、その後 www.example1.com から www.example2.com に遷移したケースを考えます。

まず www.example2.com では最初に自然検索から流入したときに新規訪問扱いで新たな識別子が割り振られます。その後 www.example1.com から www.example2.com に遷移した際に改めて識別子が割り振られ、www.example2.com においては再び新規ユーザ扱いになります。そして古い識別子はいつの間にか消えてなくなっています。

一人のユーザが

初回訪問=自然検索からの流入
2回目訪問=www.example1.com からの流入

というジャーニーであるはずなのに、

二人のユーザが

初回訪問=自然検索からの流入
初回訪問=www.example1.com からの流入

として扱われるわけです。これは分析の目的によっては問題になりますよね。www.example1.com と www.example2.com のユーザ同一性を追いかけるあまり、www.example2.com 内でのユーザ同一性が失われる。ある意味本末転倒ともいえるでしょう。あまり気づかれていないのですが…

これがさらに

www.example1.com → www.example2.com
www.example2.com → www.example1.com

両方の遷移があるケースではややこしくなります。各ケースでどのような識別子の割り振られ方をするのか、理解するのも一苦労です。当然理解していない識別子を使ってカスタマージャーニーを見るなど、ありえないことですよね。

3. サブドメインはクロスドメイン設定不要

ほとんどの計測ツールでは、cookieのドメインはサブドメインまでカバーされるようになっています。

4. ITPの影響を受けてcookie自体が消されるリスクがある

www.example1.com の性質にも依存する(トラッカーとしての性質を持つ場合)のですが、リンクに識別子を入れたパラメータを含む場合、ITPの機能によってcookieの有効期限が1日になる場合があります。識別子だけでなく、他のすべてのcookieも消されるということで、大きなマイナスの影響があります。

有効なのは www.example2.com に独自の流入経路がない場合、つまり www.example1.com からしか流入がない場合です。たとえばキャンペーンページとフォームが別ドメインの場合や、Eコマースの商品ページと決済遷移が別ドメインの場合です。広告のコンバージョン計測で使うのはこのようなケースが多いですよね。

複数サイトで訪問者の同一性をトラッキングしたいならサブドメイン化が正解です。従来はサードパーティドメインcookieが使えたが、もう使えない。そもそもサイトをまたいだトラッキングというのはプライバシーの問題で敬遠されるものだという前提は踏まえておかなければなりません。

これらを踏まえて、クロスドメイントラッキングの有効な局面は限定的だということを理解しておきましょう。

コラム担当スタッフ

柳井 隆道

Option合同会社
代表社員
マーケティングテクノロジスト
marketechlabo

東京大学を卒業後、webマーケティングやサービス企画、システム開発などに従事。
デジタルマーケティングの世界に落ち着き、事業会社、広告代理店を経て2014年に独立。
現在は大小さまざまの事業会社、広告代理店などに対して、テクノロジー観点からデジタルマーケティングの支援を行っている。データ計測の設計、実装から分析、マーケティングオートメーションや広告運用などの施策との連携まで扱う。
さまざまな規模の経験から、企業の身の丈にあったデジタルマーケティングの企画に強い。フリーランスで活動していたが、2017年から法人化。

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】Googleアナリティクスは分析ツールではない?

    アナリティクスアソシエーション 大内 範行
    発信元:メールマガジン2024年6月12日号より

    「Googleアナリティクスは分析のツールではありません。ここを誤解している人が多い。製品名を変えてほしい」 題名にも引用したこの言葉は、ア …

  • 【コラム】「GA4でアプリ行動を計測する」というのはどういうことか?

    株式会社イー・エージェンシー 本舩坂 香
    発信元:メールマガジン2024年5月29日号より

    こんにちは、株式会社イー・エージェンシー シニアコンサルタントの本舩坂(もとふなさか)です。 日頃の業務では、Google アナリティクス …

  • 【コラム】ChatGPT-4oの登場で考えたこと

    アナリティクスアソシエーション 大内 範行
    発信元:メールマガジン2024年5月15日号より

    ChatGPTが新たな改良バージョンとしてChatGPT-4oを発表しました。この新しい生成AIは、テキストだけでなく、音声、画像、動画も含 …

バックナンバー一覧へ