コラムバックナンバー

競馬における「データ」と言われると真っ当なものもあれば怪しいものも多い。データと言われても前提条件がおかしかったりばらつきが大きかったりするのでそのまま信用できないのです。きちんとした理論があるデータであればある程度信用できるのですが、本当に怪しいだけのことを言う輩も多い世界なのです。

先日こんな競馬の解説動画を見つけました。

「データを見ればわかります!勉強不足ですよ」教えて!福永祐一先生 チャンピオンズカップを特別分析

福永祐一という現役の騎手がレースの展開を予想・解説するものなのですが、そこでこんなことを言っていました。

ミルコ・デムーロという騎手がGIレースで軽い体重の馬に乗ると勝てない。

25:50くらいからになります。
動画のタイトルが「データ」になっているのですが、それまで競馬のデータに対して懐疑的な見方をすることも多かった私にとって、こういう見方をするとデータも説得力を帯びるよなと妙に納得しました。

こういうものは単にデータとしては存在する。ただそれだけ見ても普通の人はたまたまなのかと思うでしょう。それなりにデータの量があって統計的に有意であれば信用する人もいるかもしれません。それでも偏りがある、現状を反映していない(直近3年のデータしかあてにならないはずなのに過去10年のデータを見ていたりとか)ケースもあり、疑わしいです。ある程度競馬を見ている人だと、たしかにデムーロよく出遅れると記憶にあるかもしれません。だからその記憶とデータを結びつけて捉えることで説得力を帯びる。それは一理あります。

この動画の中で福永騎手はこのように説明しています。

ミルコ・デムーロ騎手はスタート直後に何度か落馬して怪我をした経験から馬からスタート時にハミをかける(馬の口につけた手綱を引っ張る)騎乗フォームになっている。その結果馬のフォームが不安定になり、その状態でスタートしてしまう。そのために出遅れることが多い。小さな馬のほうがフォームが不安定になりやすく、体重の軽い馬だと勝てないということなのです。

なるほどしっかりとした理由があり、それがデータに結びついているのだなと思いました。普段あまり競馬のデータを信用できない私なのですが、このような理論の結びついたデータは信用ができるのだと思い知らされました。

プロの目線で事実をとらえ(定性)、それが反映されたデータ(定量)と一緒に提示される。そこでデータの意味が認識され、同時に説得力をもつ。データを使って仕事を進める上で当然のことではありますが、データを見る上で各領域のプロの目線の価値は大きいのだと、まさか競馬の中で再認識させられてしまいました。データのプロだけでもダメで、各領域のプロの目線です。

もちろんAIであれば理由を知る必要はありません。そのようなアプローチで理論は不要でデータだけを使うのもありです。しかしそのアプローチでは膨大なデータ量が必要になるのに加え、意思決定に人間がかかわるとおかしなことになります。意外とそんなデータ量を確保できるケースは多くないですが。

人間がデータを使って意思決定をする世界においては、こういったことは大変重要です。データを使って人に何かを伝える人には再認識してほしいです。

コラム担当スタッフ

柳井 隆道

Option合同会社
代表社員
マーケティングテクノロジスト
marketechlabo

東京大学を卒業後、webマーケティングやサービス企画、システム開発などに従事。
デジタルマーケティングの世界に落ち着き、事業会社、広告代理店を経て2014年に独立。
現在は大小さまざまの事業会社、広告代理店などに対して、テクノロジー観点からデジタルマーケティングの支援を行っている。データ計測の設計、実装から分析、マーケティングオートメーションや広告運用などの施策との連携まで扱う。
さまざまな規模の経験から、企業の身の丈にあったデジタルマーケティングの企画に強い。フリーランスで活動していたが、2017年から法人化。

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】No.1調査への抗議状がもたらしたもの

    株式会社Rejoui 菅 由紀子
    発信元:メールマガジン2022年5月25日号より

    今年1月のことですが、日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)から「非公正な「No.1 調査」への抗議状」が発表され、マーケティング・リ …

  • 【コラム】誰が新規顧客と既存顧客のバランスを掌握するのか

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2022年5月18日号より

    この1週間で見かけた記事の中で、興味を引いた記事を2つ紹介します。どちらも共通して、新規と既存のバランスを掌握したり、早い改善サイクルや打席 …

  • 【コラム】便利な分析用データベース、見つけたよ

    Option合同会社 柳井 隆道
    発信元:メールマガジン2022年5月11日号より

    技術の進歩はすさまじいもので、1年もすれば新しいソリューションが数多く生まれてきます。以前はできなかったことが、新しいソリューションによって …

バックナンバー一覧へ