セミナー・イベント予定

開催日程

セミナー・イベント情報

第5回「ウェブアナリスト養成講座」のお申し込みを開始いたします。
このウェブアナリスト養成講座は、一人の講師が3時間程度の授業を行う形式のじっくり型の講座です。聞くだけではなく、受講者が考えることも取り入れた、実務に役立つ勉強会です。
第5回の講師は安西敬介氏、内容は、「アクセス解析と目標設定 KPI徹底解説」です。

第5回は、アドビ システムズ 株式会社 安西敬介氏が担当します。

[題 名] 「アクセス解析と目標設定 KPI徹底解説」


安西敬介
アドビ システムズ 株式会社 オムニチュア事業本部コンサルティング部 コンサルタント
2001年に国内大手航空会社のシステム子会社に入社後、システムエンジニアとして予解約システムの開発、予約フロー設計に携わったのち、コンテンツディレクターとしてサイトリニューアルなどを手掛けた。その後は、同社内のマーケティング戦略立案支援やウェブ解析の導入や活用促進に携わった。オムニチュアへは2008年に入社。エンドユーザーとしての経験を活かし、現在は企業のオンラインマーケティングを成功に導くためのコンサルティング業務を担当している。2009年アドビシステムズによる買収にともない現職。また、業界専門媒体などで積極的に執筆活動も展開している。学習院大学法学部卒。

[内 容]
第1部:サイトの目標設定とKPIの関係
KPIの位置づけとは何か?解析ツールとしてどうそれを扱っていくべきかを解説していく。
 ・KPIとは何か?
 ・サイトの役割と戦略とKPIの関係
 ・目標とKPI
 ・サイトタイプ別例

第2部:KPIの応用と演習
指標としてのKPIの決定だけでは意味がない。具体的にどのような切り口で確認をする必要があるのかを確認していく。
 ・運用の中でKPIを確認するために
 ・ケーススタディ

[参加資格]  アクセス解析イニシアチブ有料会員 (法人・個人会員)のみご参加いただけます。
※無料会員の方はご参加いただけません。会員についてはこちらをご覧ください。

[参加費] 法人会員  無料 /  個人会員  2,000円(税込)
※個人会員のお支払いはクレジットカード( Paypal ) または、銀行振込です。
※法人会員は当セミナーは3名までとさせていただきます。

[定 員]  50名
※お申込み順で、定員になりましたら締め切らせて頂きます。
※キャンセル待ちはございません。

[日 時] 2010年10月20日(水)  午後2時開場 午後2:30から6:00まで

[場 所] 株式会社ビービット 地下一階セミナールーム
東京都千代田区富士見2-14-37 FUJIMI EAST
http://www.bebit.co.jp/about/map/index.html
交  通: 飯田橋駅 (JR 中央線・総武線) 西口 徒歩5分
※ご注意:東西線、大江戸線の改札口からB2a出口まで 徒歩で10分程度かかります。
九段下駅 1番出口 徒歩12分

申込は終了いたしました

基礎から実践まで、身に着く形を目指し、年8回の開催予定です。
年間の実施スケジュールについては、こちらをご覧ください。

以上

開催日時

1970年1月1日(木)

午後*時*分〜午後*時*分(開場は午後*時)
セミナー終了後に講師の方と名刺交換などを行う時間を設けます。

お申込み受付は終了いたしました

申し訳ありません。当イベントのお申し込みは締め切らせていただきました。
参加受付中のイベントは、「セミナー・イベント予定」にてご確認ください。

セミナーに関するよくある質問

  • 1年間にどのくらいのセミナー・イベントを実施していますか?

    年間計画と参加費用」をご覧ください。
    なお、有料会員(法人会員・有料個人会員)限定のセミナーには、ライト会員の方は参加できませんのでご注意ください。

  • キャンセルしたいのですが?

    原則、お客様都合によるお申込み後のキャンセルは受け付けておりません。

  • 複数部に分かれるセミナーの場合、一部パートだけの参加はできますか?その場合、料金はどうなりますか?

    各セミナー・イベントは途中参加・退席が可能です。
    ただし、参加費の割引や返金対応はいたしません。

  • 代理出席はできますか?

    ご登録いただいている会員種別により異なります。

    • ライト会員/有料法人会員:代理出席が可能です。
    • 有料個人会員:会員ご本人のみの受付となります。代理出席はできません。
  • 当日突然の参加、当日券はありますか?

    ありません。

  • 直前にセミナー開催が中止になる場合、お知らせの手段、返金などはどうなりますか?

    災害、または交通機関の事故等の不可抗力の事情、また講師の体調不良等諸般の事情により開催を中止することがあります。

    中止が判明した際は、できるだけすみやかに、本ページおよびメール、Facebook、Twitter等にてお知らせいたします。セミナーや交流会等ご参加の前に、必ずご確認いただくようお願いします。
    その際は、開催日の変更もしくは参加料を返金いたします。 なお、交通費、旅費(航空券含む)や宿泊費とそれらのキャンセル諸費用については保障いたしません。

  • セミナー等に申し込みましたが参加の連絡が来ていません。

    マイページにログインしてイベント申込履歴をご確認ください。申込履歴がなく、再度申し込みしてもできない場合は、お問い合わせ窓口にご連絡ください。

  • セミナー参加費用について、請求書は発行できますか?

    原則、請求書の発行は行っていません。領収書の発行で代替いただくようご協力お願いします。
    請求書での支払いが可能なセミナーは、都度告知でお知らせいたします。なお、その場合も有料個人会員の方への請求書の発行はございません。

  • セミナー参加費用について、領収書は発行できますか?

    はい。領収書はマイページの「ご請求・お支払情報」より発行できます。ただし発行者が「シクミネット」となるため、アナリティクスアソシエーション発行の領収書をご希望の場合はお問い合わせ窓口にご連絡ください

  • 資料のダウンロードはできますか? またセミナーの動画は公開されますか?

    開催されるイベントごと、講演する講師ごとに資料の可否は異なります。各セミナーの告知でご確認ください。
    講師が承諾しない場合には、資料ダウンロード、動画の公開はございません。

    • ライト会員には、参加無料のセミナーの資料・動画は共有されません。
  • 過去のセミナーの講演スライド、動画は見られますか?

    有料個人会員・有料法人会員は、見られます。
    公開期間中のすべての講演スライド・動画は、マイページの「お知らせ」に、アーカイブとして表示されます。

  • Twitterでの中継はできますか?

    できます。ハッシュタグをご案内します。
    ただし、講師の希望で中継を禁止させていただく場合もございます。

  • 会場セミナーではパソコンは必要ですか? パソコンを持ちこんでもいいですか?

    開催ごとに異なるため告知ページにてご確認ください。原則、パソコンは必要ありません。

    パソコンの持ち込みはできます。ただし、会場によってテーブルがなく椅子のみの場合もございます。
    また、電源の供給はどの会場も難しい場合が多いようです。

    なお、パソコン操作で、キーボードの打鍵音などがうるさい、というクレームが報告されています。周囲の方への配慮をお願いします。

  • 会場セミナーでは、無線LAN、携帯、電源、ネットの接続はできますか?

    会場により異なります。その都度、ご案内いたします。
    ただし、電源の供給はどの会場も難しい場合が多いようです。

  • 私の会社の社員にセミナーを実施してほしいのですが? 私の地域でセミナーを実施してほしいのですが?

    地方や企業内での個別のアクセス解析関連セミナーは、「企業向けセミナーのご紹介」にてご依頼ください。

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】注目される統計的因果推論

    株式会社Rejoui 菅 由紀子
    発信元:メールマガジン2021年10月20日号より

    先日発表されたノーベル経済学賞の受賞者、デービッド・カード、ヨシュア・アングリスト、グイド・インベンスの3氏は「自然実験が知識の源泉となるこ …

  • 【コラム】計測できるものだけで都合良く評価していないか?

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2021年10月13日号より

    ■「測定できなければ管理できないというのは間違いで、代償の大きい誤解だ」 誤って引用されるフレーズに「測定できなければ管理できない」というも …

  • 【コラム】ABテストの科学

    Option合同会社 柳井 隆道
    発信元:メールマガジン2021年10月6日号より

    ABテストをするとき 「施策AとBを比較した結果、施策AのほうがCVR(目的の指標)が高いので優れていると判断した」 そこで思考が終わってい …

バックナンバー一覧へ