セミナー・イベント予定

開催日程 2015/05/28(木)

セミナー・イベント情報

2010年以降から流行りだした「アトリビューション」ですが、最近、言葉としては定着した感もあります。そのアトリビューションに焦点をあてた特別セミナーを、2015年5月28日(木)に開催します。今回は一般、無料会員の方はご参加いただけません。

[題名]アトリビューション分析の手法と事例

[講師]有園 雄一 氏(アタラ合同会社
    宮腰 卓志 氏(株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
    佐藤 洋行 氏(株式会社ブレインパッド

冒頭には、アタラの有園様にご登壇頂き、アトリビューションの現状と今後についてまず概観して頂きます。続いて、博報堂DYメディアパートナーズ宮腰様には広告代理店の広告費最適配分の取り組みの現状をお話し頂きます。最後にブレインパッドの佐藤様から統計的手法を駆使した分析方法を語って頂きます。参加者の皆さんには、広告費配分最適化のための活動のヒントを持ち帰って頂ければと思います。<このような方にオススメのセミナーです>・広告費配分最適化の取組みに興味関心のある事業者の方・広告費配分最適化に取り組んでいるけど、成果に結び付けられずにいる事業者の方・広告費配分最適化に取り組んでいる事業者をサポートするサービス提供者やコンサルタントの方<参加者に求める前提の知識>マーケティングや広告に関する基本的な知識があれば大丈夫です。また統計の難しい数式なども出てくることはありません。

第一部:アトリビューションの概念の紹介と今後の方向性

有園 雄一 氏有園 雄一 氏 (ありぞの ゆういち)
アタラ合同会社 取締役COO、デジタルマーケティングコンサルタント
オーバーチュア株式会社(2004年~2007年)、グーグル株式会社(2007年~2009年)に在籍。Google Japan, Sales Strategy and Planning(営業戦略企画)を担当。

2004年、日本初のマス連動施策を考案。テレビCMに検索キーワードを挿入することを提案し、2004年9月に日本で最初にトヨタ自動車「イスト」CMで採用される
2010年、日本初のアトリビューションコンサルティングを開始
2014年、DUAL AISASモデルを提唱
【共著】
・『ザ・アドテクノロジー データマーケティングの基礎からアトリビューションの概念まで』(翔泳社)
・『アトリビューション 広告効果の考え方を根底から覆す新手法』(インプレスジャパン)
・『リスティング広告 プロの思考回路』(アスキー・メディアワークス)

2010年ごろから日本でもアトリビューションが流行し、一時的にバズワードになっていました。それから5年ほど経過したいま、アトリビューションの普及はどのくらい進んでいるのか?そして、今後はどのような方向に向かっていくのか?
本セッションでは、アトリビューションの基本的な概念を復習したあと、アトリビューションコンサルティング経験から得られた情報を基にして、今後の流れを概観します。

・アトリビューションの基本
・アトリビューションの普及状況
・オンラインアトリビューションとオフラインアトリビューション
・アトリビューションの今後の方向性
・DMPとオーディエンスアトリビューション、クロスデバイスアトリビューション

第二部:マーケターにとってのアトリビューション

宮腰 卓志 氏宮腰 卓志 氏 (みやこし たかし)
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ ダイレクトマーケティングビジネスセンター パフォーマンスマーケティング部 アナリティカルプランニングディレクター
2001年、博報堂入社。ストラテジックプラニング局にてプラニング業務を担当した後、アカウントプラナーとしてダイレクトマーケティング戦略立案、レスポンスマネジメント、TVCM・新聞広告・チラシ・DM・WEB・e-mailなどのメディアプラニング・クリエイティブ制作までを一貫してディレクション。その後ダイレクトマーケティングの専門組織に異動し、特にWEBを活用したキャンペーンのPDCAマネジメントを実践。2013年より博報堂DYメディアパートナーズダイレクトマーケティングビジネスセンターにて、データサイエンティストチームを運用。

アトリビューションはデータサイエンスに取り込まれてしまった!?テクノロジーとマーケティングの世界でそれは当然起きるべくして起きたと思います。この変化はアトリビューションを話題にする際に、注目すべきポイントを示唆しています。もうアトリビューションは技術の話ではなく、活用の話をすべき時を迎えているのです。しかし文系と理系が、二元論的に捉えられる日本において、アトリビューションを活用するには、取り組み姿勢の転換が必要です。今回は、実務を通して研究してきたアトリビューションの活用方法についてご紹介しながら、活用するわれわれがすべきマインドチェンジについてもお話ししていきます。

・広告代理店におけるアトリビューション分析への対応と姿勢
・シンセサイザー的思考でマーケティングを構造化する
・アトリビューションが普及した現在、最大課題は分析よりもプラニング
・アトリビューションとマーケティングをつなぐ、これからのマーケター人材像

第三部:統計的手法を駆使したアトリビューション分析最前線

佐藤 洋行 氏佐藤 洋行 氏 (さとう ひろゆき)
株式会社ブレインパッド チーフデータサイエンティスト
1977年生まれ。九州大学大学院修了(農学博士)。大学院にてリモートセンシング画像解析の研究に従事し、2008 年ブレインパッドに入社。化粧品会社をはじめとする大手通販企業のデータ分析プロジェクトにプロジェクトマネージャーおよびデータサイエンティストとして携わる。2014年1月Qubitalデータサイエンス取締役に就任。ダイレクトマーケティング、R&D、テキストマイニングなど 幅広い分野でのデータ分析に精通している。その経験を活かし、現在、ブレインパッドが開催する教育講座の講師、慶応義塾大学や立教大学にてデータサイエンティスト育成関連授業の特別講師も務める。EMCデータサイエンティスト育成コース講師資格、KXEN Professional Certificationを保有。著書に「データサイエンティスト養成読本(共著、技術評論社)」がある。

アトリビューション分析の方法について、これまで幾つもの手法が提示されてきました。それらは、論理的な正確性と、精度を基準に語られることが多かったのですが、実際の広告運用現場では、運用リソースに限りがあることから、いくら正確で精度の良いアルゴリズムでも、実用に向かないということも多くあります。本セッションでは、アトリビューション分析を様々なクライアントに提供してきた経験から、それら手法を、どのような状況の時にどのように適用するべきか、というところをお話しさせて頂きます。

・デジタルアトリビューションに適用される様々なアルゴリズム
・オフライン広告のオンラインへのアトリビューション効果測定
・分析結果を活用する上での運用の壁

開催日時

2015年5月28日(木)

午後*時*分〜午後*時*分(開場は午後*時)
セミナー終了後に講師の方と名刺交換などを行う時間を設けます。

会場

ビービット5階 セミナールーム
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル

都営新宿線「市ヶ谷駅」A4出口徒歩1分
JR「市ヶ谷駅」徒歩4分
東京メトロ有楽町線、南北線「市ヶ谷駅」A1-1出口徒歩4分

JR市ヶ谷駅からセミナー会場への道順はこちら(PDF)

参加資格および参加費

会員種別 参加可否 参加費
法人会員 参加できます 無料
有料個人会員 参加できます 3,000円(税込)
無料会員、一般 参加できません

 

定員・申込期限

90名
※法人会員のお申込みは、当セミナーは1社あたり5名様までとさせていただきます。
※お申込み順で、定員になりましたら締め切らせていただきます。

※キャンセル待ちはございません。

注意事項

※都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合がありますので、ご了承願います。
※災害・事故等の不可抗力な事情、また講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止、または内容・時間を変更させていただく可能性がございます。
その際は、ホームページ、Facebook、Twitter等で告知し、お申込みのメールアドレスにご連絡申し上げます。セミナーご参加の前に、必ずご確認いただくようお願いします。

お申込み受付は終了いたしました

申し訳ありません。当イベントのお申し込みは締め切らせていただきました。
参加受付中のイベントは、「セミナー・イベント予定」にてご確認ください。

セミナーに関するよくある質問

  • 1年間にどのくらいのセミナー・イベントを実施していますか?

    年間計画と参加費用」をご覧ください。
    なお、有料会員(法人会員・有料個人会員)限定のセミナーには、一般・無料会員の方は参加できませんのでご注意ください。

  • キャンセルしたいのですが?

      セミナーの種類により、キャンセルの可・不可やキャンセル可能な期間が違います。

    • セミナー、特別セミナー、交流会は、開催前日の営業日(土日祝日を除く)まで可能です。
    • 集中ゼミは、開催7日前の午後5時まで可能です。それ以降はキャンセルを受付けておりません。
    • アナリティクスサミットは、お客様都合によるお申込み後のキャンセルは受付けておりません。
    • キャンセルは、お問い合わせ窓口まで、講座名、開催日、お申込みのチケット区分と共にご連絡ください。イベントレジストのシステムにてキャンセルし、全額の返金を行います。
      なお、キャンセル不可能な期間のご連絡や、事前のご連絡なく当日欠席の場合には、返金に応じられません。

  • 複数部に分かれるセミナーの場合、一部パートだけの参加はできますか?その場合、料金はどうなりますか?

    各セミナー・イベントは途中参加・退席が可能です。
    ただし、参加費の割引や返金対応はいたしません。

  • 代理出席はできますか?

    ご登録いただいている会員種別により異なります。

    • 無料会員/法人会員/一般申込:代理出席が可能です。
    • 有料個人会員:会員ご本人のみの受付となります。代理出席はできません。
  • 当日突然の参加、当日券はありますか?

    ありません。

  • 直前にセミナー開催が中止になる場合、お知らせの手段、返金などはどうなりますか?

    災害、または交通機関の事故等の不可抗力の事情、また講師の発病等諸般の事情により開催を中止することがあります。

    中止が判明した際は、できるだけすみやかに、本ページおよびメール、Facebook、Twitter等にてお知らせいたします。セミナーや交流会等ご参加の前に、必ずご確認いただくようお願いします。
    その際は、開催日の変更もしくは参加料を返金いたします。 なお、交通費、旅費(航空券含む)や宿泊費とそれらのキャンセル諸費用については保障いたしません。

  • セミナー等に申し込みましたが参加の連絡が来ていません。

    イベントレジストから受講チケットが自動返信メールで発送されますので、ご確認の上当日お持ち下さい。
    メールが届かない場合、お問い合わせ窓口にご連絡ください。

  • セミナー参加費用について、請求書は発行できますか?

    集中ゼミは、請求書での支払いが可能です。だたし有料個人会員の方への発行はございません。
    その他のセミナーでは、請求書の発行は行っていません。領収書の発行で代替いただくようご協力お願いします。

    領収書はイベントレジストのマイチケットより発行できます。

  • セミナー参加費用について、領収書は発行できますか?

    はい。領収書はイベントレジストのマイチケットページより発行できます。申込みアカウントにログインしてダウンロードしてください。
    セミナー当日の受付ではお渡しいたしません。
    集中ゼミについては、それぞれの告知ページにて領収書発行方法をご確認ください。

  • 印刷資料はありますか? またセミナー後にファイルをダウンロードしたいのですが?

    開催されるイベントごと、講演する講師ごとに資料の可否は異なります。
    講師が承諾しない場合には、配布物、ダウンロードはございません。

  • パソコンは必要ですか? パソコンを持ちこんでもいいですか?

    集中ゼミについては、開催ごとに異なるため告知ページにてご確認ください。
    その他のセミナーは、原則、パソコンは必要ありません。

    パソコンの持ち込みはできます。ただし、会場によってテーブルがなく椅子のみの場合もございます。
    また、電源の供給はどの会場も難しい場合が多いようです。

    なお、パソコン操作で、キーボードの打鍵音などがうるさい、というクレームが報告されています。周囲の方への配慮をお願いします。

  • 無線LAN、携帯、電源、ネットの接続はできますか?

    会場により異なります。その都度、ご案内いたします。
    ただし、電源の供給はどの会場も難しい場合が多いようです。

  • Twitterでの中継はできますか?

    できます。ハッシュタグをご案内します。
    ただし、講師の希望で中継を禁止させていただく場合もございます。
    インターネットの接続環境は会場により異なりますので、その都度ご案内いたします。

    パソコン操作で、キーボードの打鍵音がうるさい、というクレームが数度報告されています。静かに打鍵されるようお願い申し上げます。

  • 動画、音声のライブ中継、事後の映像・音声での閲覧はできますか?

    基本的に行っていません。

  • 私の会社の社員にセミナーを実施してほしいのですが? 私の地域でセミナーを実施してほしいのですが?

    地方や企業内での個別のアクセス解析関連セミナーは、「企業向けセミナーのご紹介」にてご依頼ください。

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

バックナンバー一覧へ