コラムバックナンバー

年の瀬ですので、2015年を振り返ってみます。あくまで私の周辺での話です。

今年は「A/Bテスト」のプロセスに関わることが増えました。A/Bテストそのものは昔からある取り組みで、a2iでも2010年の大きなイベント「アクセス解析サミット」でテーマの一つとして取り上げていますが、この数年でツールの普及や取り組みへの理解がより進んだ印象があります。メジャーなテレビ番組でWebサイトのA/Bテストが紹介されたのも、何度か見かけました。A/Bテストは「改善のサイクル」を回す仕組みの一つとして機能します。仮にA/Bテストを経なくても、仮説から施策実行へのプロセスを速く進められるはずですが、これまでそれを進められなかった組織に「改善サイクルの文化」を作り始めたという側面で、A/Bテストは貢献していると思います。いずれにせよ、まずは改善のサイクルが回ればよいのです。

まだ手探りで進めているところも、数を経験するうちにより意義のあるテストができるようになるでしょうし、組織にさらに「イチかバチかではなく着実に積み上げていく改善」「勘だけに頼らず根拠を加えた判断」の文化が形成されていくようになればと思っています。

A/Bテストは、私自身にとっても経験に裏付けされた知見や勘が試される取り組みでもあります。「試される」という表現が適切ではないかもしれませんが、「この施策はきっとよい結果をもたらすだろう」という提案がA/Bテストのプロセスに乗れば、よりフラットにより冷静に、早く判断されます。もちろん提案を実行に移してもらいやすかったり、クライアント様にとってもリスクを小さくして試せるというように、お互いにメリットがあります。

企業を支援する側としては、経験に裏付けされた知見をより高い次元に上げる努力が必要です。組織に改善サイクルの文化が育ってくれば、勘所をつかんだ組織メンバーが登場してきます。そうすると支援側に求められる領域も変化してきます。より多くの要素を踏まえた確実性の高い提案ができなければなりません。

Web担当者側も支援する側も、取り組む範囲やボリュームが増えました。忙殺されないよう、何にどれだけ取り組むかを意識しつつ、ワクワクしながら2016年も「良い改善」に関わっていきたいと思います。

★メールマガジンのバックナンバーはこちら

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】注目される統計的因果推論

    株式会社Rejoui 菅 由紀子
    発信元:メールマガジン2021年10月20日号より

    先日発表されたノーベル経済学賞の受賞者、デービッド・カード、ヨシュア・アングリスト、グイド・インベンスの3氏は「自然実験が知識の源泉となるこ …

  • 【コラム】計測できるものだけで都合良く評価していないか?

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2021年10月13日号より

    ■「測定できなければ管理できないというのは間違いで、代償の大きい誤解だ」 誤って引用されるフレーズに「測定できなければ管理できない」というも …

  • 【コラム】ABテストの科学

    Option合同会社 柳井 隆道
    発信元:メールマガジン2021年10月6日号より

    ABテストをするとき 「施策AとBを比較した結果、施策AのほうがCVR(目的の指標)が高いので優れていると判断した」 そこで思考が終わってい …

バックナンバー一覧へ