コラムバックナンバー

先日a2iが開催したセミナー「大内といちしまが悩んだ末にたどり着いたKPIのレシピ」では、「KPIはどんどん変えていいですよ。プロジェクトのフェーズによって変わるし、役割や責任によっても変わりますよ」という話をしました。
【活動報告】セミナー「大内といちしまが悩んだ末にたどり着いたKPIのレシピ」(2015/9/9)以前は私も、KPIはもっとかっちり定義されたもので、頻繁に変えてはいけないものだととらえていました。役職の偉い人が決めるもので、かしこまって扱うようなニュアンスすら感じていました。

そうではなく、プロジェクトの成長を次のフェーズに進めるには、KPIもそれにあわせて変えなければいけません。KPIや施策が誤りだった、適切ではなかったということもあるはずです。プロジェクトの規模にもよるでしょうが、四半期から半期ごとに「このKPIのまま継続するか、変えるか」と見直すことは非常に大事だと思います。

一方で「譲れないもの」も必要です。プロジェクトにおける譲れないものは、大きなゴールや目的になるでしょうか。事業方向転換の際はそれすらも変えることになりそうですが、頻繁に変化するものではないはずです。

普段の考え方や利用しているものを変えることは、簡単ではありません。そこにはパワーが必要です。一方で、なんでもかんでも変えていいというわけでもなく、譲れないものと変えなければいけないものを、区別しなければなりません。こうやって言うのは簡単ですが、「変わること/変えること」は、やはり実際にやってみるととても難しいものです。

昔から「変わること、変えること」のメッセージは多くありました。20年前の日産のメッセージ「変わらなきゃ」(そしてその後の「変わらなきゃも変わらなきゃ」)、アメリカのオバマ大統領が2008年に使ったスローガンのひとつ「Change」、よく引用される「生き残るのは最も強いものでも最も頭のいいものでもなく、変化に対応できるもの」というメッセージ、などなど。政治も常に「変革」を掲げています。

そこまでしても、ややもすれば「そんなに変わったっけ?」と言われたりします。おそらく変化を意識しなければ、それこそまったく変化しないのでしょう。

譲れないものを持ちつつ、「変化」をより意識していたいと思います。

★メールマガジンのバックナンバーはこちら

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】注目される統計的因果推論

    株式会社Rejoui 菅 由紀子
    発信元:メールマガジン2021年10月20日号より

    先日発表されたノーベル経済学賞の受賞者、デービッド・カード、ヨシュア・アングリスト、グイド・インベンスの3氏は「自然実験が知識の源泉となるこ …

  • 【コラム】計測できるものだけで都合良く評価していないか?

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2021年10月13日号より

    ■「測定できなければ管理できないというのは間違いで、代償の大きい誤解だ」 誤って引用されるフレーズに「測定できなければ管理できない」というも …

  • 【コラム】ABテストの科学

    Option合同会社 柳井 隆道
    発信元:メールマガジン2021年10月6日号より

    ABテストをするとき 「施策AとBを比較した結果、施策AのほうがCVR(目的の指標)が高いので優れていると判断した」 そこで思考が終わってい …

バックナンバー一覧へ