コラムバックナンバー

Google検索の仕組みの変化により、Google検索キーワードの取得が徐々に困難になっていることはご存じのことと思います。この流れがいよいよ最終段階に入ったようです。

現在でもGoogle アナリティクスを利用している場合は「(not provided)」表記、Adobe Analyticsでは「Keyword Unavailable」表記のキーワードが多数カウントされていると思いますが、それが全面的に適用されるということです。

詳しくはアユダンテさんの下記翻訳記事を参考になさって下さい。
「広告クリック以外の全ての検索が、(not provided)に」

簡単に言うと、httpsからhttpへのページ遷移をすると、参照元情報が取得できないという原則があり、Google検索が全てhttps化することになるので、参照元情報に含まれるキーワードが取得できなくなるのです。

もう少し厳密に言うと、Google検索エンジンからの訪問であるという参照元情報を残しつつ、検索キーワード情報だけ削除しています。そのため、検索キーワードは不明だけど、検索エンジンからの訪問であるといったレポート表示をツール側ですることが多いようです。

ウェブ解析データは、ウェブそもそもの仕組みやツールのデータ収集仕様、ツールの集計仕様など様々な要因によって変化します。今回はGoogle検索の仕様変更に伴うもので、ツールに依存する問題ではありません。

では、我々はこれにどう対処したらよいのでしょうか。「(not provided)」の時の閲覧開始ページのバリエーションを見てみるとか、ウェブマスターツールを活用しようとか、AdWords広告を利用している場合のキーワード情報は依然取得できるので、そちらを活用しようとか、様々な方法があるでしょう。

ウェブサイトの利用行動を全て同じソースで分析できるウェブ解析データの一部の情報の取得が困難になるのは、我々にとってはとても残念な流れだとは思いますが、今後も与えられた条件下でこのように各種データを活用するしかないと思います。

★メールマガジンのバックナンバーはこちら

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】Googleアナリティクスは分析ツールではない?

    アナリティクスアソシエーション 大内 範行
    発信元:メールマガジン2024年6月12日号より

    「Googleアナリティクスは分析のツールではありません。ここを誤解している人が多い。製品名を変えてほしい」 題名にも引用したこの言葉は、ア …

  • 【コラム】「GA4でアプリ行動を計測する」というのはどういうことか?

    株式会社イー・エージェンシー 本舩坂 香
    発信元:メールマガジン2024年5月29日号より

    こんにちは、株式会社イー・エージェンシー シニアコンサルタントの本舩坂(もとふなさか)です。 日頃の業務では、Google アナリティクス …

  • 【コラム】ChatGPT-4oの登場で考えたこと

    アナリティクスアソシエーション 大内 範行
    発信元:メールマガジン2024年5月15日号より

    ChatGPTが新たな改良バージョンとしてChatGPT-4oを発表しました。この新しい生成AIは、テキストだけでなく、音声、画像、動画も含 …

バックナンバー一覧へ