コラムバックナンバー

最近多くのところで取り上げられているビッグデータ。
ときに憧れにも似た眼差しが向けられているこのキーワードですが、本来それが示すものは単なる『ビッグなデータ』であり、広義の意味においてもそのビッグなデータを処理する技術的な処理に過ぎず、それ自体を溜めておく「だけ」では企業の収益にはつながりません。
実際のところ、超ビッグデータを持っている(と言われている)名だたる企業でも、実態はそのデータを溜めているだけで、普段はPVしか見ていない(!?)など、そのビッグなデータを収益につなげているとはとても言い難い状況なのです。

もちろん、ビッグデータやそれに対する取り組みを否定しているわけではありません。
企業にとってビッグデータは、今後のマーケティング活動において、大変重要な資産となりますし、ビッグデータに取り組むなら、まずはデータを溜めることから始めなくてはならないのは事実。
ただ、覚悟しなくてはならないのは、データを溜めると言っても、それにすら多額の投資がかかるということです。SI系企業やツールベンダーなどのプレゼンを聞いた方ならご存知かもしれませんが、その投資額は数千万〜数億単位となることだってあります。

「それだけの投資をして、リターンが本当にあるんでしょうか? 」

こうした相談事を受けた時、私は必ずこう質問します。
「あなたの会社はデータオリエンテッドな企業文化を持っていますか?」と。

『データオリエンテッドな企業文化』とは、客観的根拠(であるデータ)に基づいて企業の意思決定やコミュニケーションをしている経営スタイルのことを言います。『データドリブン』と言い換えれば、ピンと来る人も多いかもしれません。

例えば、サイト内の機能を改修したい場合、単に他社が改修したとか、上司がその機能を改修したいからといった理由ではなく、改修したい機能を使っている人が全体の何%で、その改修によってCVRが何%伸びる見込みで、いつまでに投資がペイできるのか、というようなプレゼンをしているでしょうか?
例えば、ECサイトの購買前、購買中、購買後におけるユーザーの傾向を掴むためにどんなデータをどこから収集すれば良いか、パっと思いつくでしょうか。
例えば、あなたの会社でマーケティングに使えるデータはどこに存在していて、どのような利用ができそうか、すぐに答えられるでしょうか。
これらの質問が『No』であれば、あなたの会社では、データオリエンテッドな意思決定やコミュニケーションが図られていない可能性が高いです。

繰り返しになりますが、ビッグデータはそれを使いこなす人や企業があってこそ、その資産価値を生みます。ですので、企業活動の様々なシーンにおいて、データを使うことがないような会社では、当然そのデータは埋没し、データを溜めるための多額な投資はいつまで経ってもリターンできません。
ビッグデータに挑む前にまずやってほしいことはやはり『データオリエンテッド』になること。経営者はその経営スタイルを、担当者は今のコミュニケーションスタイルをそれに変える事をしなくてはならないことを、十分に心得て取り組んで欲しいと思います。

★メールマガジンのバックナンバーはこちら

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】機械学習のはじめかた

    株式会社Rejoui 菅 由紀子
    発信元:メールマガジン2021年9月22日号より

    かつては高度なプログラミング能力や高額なソフトウェアを持っていなければ行えなかった様々なデータ解析の手法も、様々な企業から提供されているAP …

  • 【コラム】型はあるがお手本はない、みな事情が異なるのだ

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2021年9月15日号より

    パラリンピックの閉会式を見ていたとき、実況を務めるアナウンサーが話していた内容が印象に残りました。正確ではありませんが、このような趣旨だった …

  • 【コラム】DXプロジェクトとツール選定の際に考えること

    Option合同会社 柳井 隆道
    発信元:メールマガジン2021年9月8日号より

    最近のデジタルトランスフォーメーションの動きの中で、エンジニアでない一般のマーケターでもCMS、行動計測ツールやCDP、マーケティングオート …

バックナンバー一覧へ