コラムバックナンバー

私は広告にさほど詳しいわけではないのですが、今日は一人のユーザーとして、最近流行り?のリマーケティングについて、アクセス解析の観点から触れたいと思います。

リマーケティングとは、過去に広告主のサイトを訪問したことのあるユーザーに対し、あらかじめ専用タグを設置すると、ユーザーがサイトから離脱してもアドネットワーク上で自社のサイトや商品などの広告を表示させることができる手法です。


これを利用するとたとえば、「AさんがサイトXに来てカートに商品Yを入れたが、買わずに離脱」というケースに対し、Aさんが見ている他のサイトでサイトXや商品YなどについてPRできます。競合他社と比較されやすい場合や、購入までに一定の検討期間が必要な場合に、自社のことを忘れないようにしてもらう効果を期待できます。また様々な表示ルールの設定もできますので、より効率的な広告配信が可能です。

効果事例に関する参考URL

しかし、このリマーケティングによるプロモーション、「ルール設計」をきちんとしておかないと、かえってユーザーの気分を悪くさせるものになってしまうのではないでしょうか。

私の話で恐縮ですが、以前ウェディング関連の仕事を請けて以来、結婚式場の広告が出まくりです。独身&結婚予兆無しの身にとっては只々嫌味なばかり。
その他には宿検索サイトの広告。1年前に泊まった(しかもあまり良くなかった)温泉旅館の広告がいまだに表示されますし、サイトでチェックしたけど結局店舗で買った家電製品の広告もいまだ出てきます。
リアルの接客なら、一度買った商品や要らないとおもわれるものは勧めたりしないですよね。

ですが実際にはこんなリマーケティングが横行しています。広告を「出稿するルール」は一生懸命考えても、「出稿しないルール」は考えていないという証です。
上記に挙げた結婚式場やECサイトのケースでは、購入する意思がなかったり、他社で購入したりすれば、ユーザーはそのサイトに訪れる必要がなくなります。

そこで、「一定期間訪問のなかったユーザーに表示しない」というリマーケティングルールを設定してみてはどうでしょう。
では、「一定期間」はどのように設定すれば良いのか?

ここでアクセスログの登場です。
アクセスログで「CVに至ったユーザーがその商品をチェックしてからCVに至るまでの期間」を調べてみてください。
仮に私が店舗で買った家電製品が、商品をチェックしてからCVするまでの期間が平均2週間で購入者の9割がチェック後1ヶ月以内に購入しているというデータが得られたとします。この結果から「商品をチェックしてから1ヶ月以内にコンバージョンがなければ、他で買われている(ないしは買うマインドではなくなった)のでは?」という仮説をたてることができ、それに基づいて、「30日間サイトに訪問がなかったら、この広告を表示しない」というルールを作ってみるわけです。(ただし、リマーケティング広告で再度訪問があると期間がリセットされてしまう媒体もありますので注意。)

ちなみにCVするまでの期間は商材によって大きく異なりますから、それぞれ自社のサイトの傾向を見て適切な期間を設定することをお勧めします。
リマーケティングを活用するならぜひアクセスログを活用して、「うっとうしい」と思われないようなルール設計をしてみてください。

参考URL 
リマーケティング戦略について

★メールマガジンのバックナンバーはこちら

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】Googleアナリティクスは分析ツールではない?

    アナリティクスアソシエーション 大内 範行
    発信元:メールマガジン2024年6月12日号より

    「Googleアナリティクスは分析のツールではありません。ここを誤解している人が多い。製品名を変えてほしい」 題名にも引用したこの言葉は、ア …

  • 【コラム】「GA4でアプリ行動を計測する」というのはどういうことか?

    株式会社イー・エージェンシー 本舩坂 香
    発信元:メールマガジン2024年5月29日号より

    こんにちは、株式会社イー・エージェンシー シニアコンサルタントの本舩坂(もとふなさか)です。 日頃の業務では、Google アナリティクス …

  • 【コラム】ChatGPT-4oの登場で考えたこと

    アナリティクスアソシエーション 大内 範行
    発信元:メールマガジン2024年5月15日号より

    ChatGPTが新たな改良バージョンとしてChatGPT-4oを発表しました。この新しい生成AIは、テキストだけでなく、音声、画像、動画も含 …

バックナンバー一覧へ