コラムバックナンバー

この1〜2年、施策の追加やサイトの改修を行っても、目立った成果につながらないケースが増えてきたように感じます。

・事象がシンプルでなくなり、様々な要素が関係している
・予算が掛けられない
・景気がよくない

コンサルタントの立場としては、自分の口からは発したくない要因ばかりです。そのような中でも、視点を変えて根気よく前に進まなければいけません。

こういう状況になると、まとまった予算を投じて「一発逆転」のような現状打破を狙うのか、それとも小さな改善を積み重ねて「徐々に前進」していくのか、どちらにすべきかという議論になることがあります。

基本的には「徐々に前進」の立場です。どの企業も予算が潤沢に掛けられませんから、要素を分解して目星をつけて少しずつ手を打っていくことになります。どういった仮説を立てるか、分析して要素を見つけ出すか、A/Bテストをして適切な判断ができるか、それを速いサイクルで繰り返して前に進みます。

トライしない限りは状況は改善しません。そのトライを、できるだけリスクを小さくして臨むのです。

ただ、現状の基盤で小さなトライを重ねても、「大きく跳ねない」のも事実です。手を加えられない制約があったり、仕組みとして遠回りの方法でしか施策を打てなかったりで、目立った成果になかなかつながらないのです。大きめの予算を投じて、土台や仕組みから変える現状打破を検討しなければいけません。

「徐々に前進」の場合でも「一発逆転」の場合でも、必要になるのは「分析」です。小さなトライをする場合は、要素をできるだけ分解して臨む必要があります。土台からの現状打破の場合は、それこそ根拠を元にプロジェクトを進めなければいけません。

お手軽な施策ですぐに目に見える成果が現れる時代ではありません。大きく動く場合も小さなトライを積み重ねる場合でも、できるだけ手堅く進めて、根拠を元にリスクを減らしていく、そのような2013年でいたいと思います。

★メールマガジンのバックナンバーはこちら

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】注目される統計的因果推論

    株式会社Rejoui 菅 由紀子
    発信元:メールマガジン2021年10月20日号より

    先日発表されたノーベル経済学賞の受賞者、デービッド・カード、ヨシュア・アングリスト、グイド・インベンスの3氏は「自然実験が知識の源泉となるこ …

  • 【コラム】計測できるものだけで都合良く評価していないか?

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2021年10月13日号より

    ■「測定できなければ管理できないというのは間違いで、代償の大きい誤解だ」 誤って引用されるフレーズに「測定できなければ管理できない」というも …

  • 【コラム】ABテストの科学

    Option合同会社 柳井 隆道
    発信元:メールマガジン2021年10月6日号より

    ABテストをするとき 「施策AとBを比較した結果、施策AのほうがCVR(目的の指標)が高いので優れていると判断した」 そこで思考が終わってい …

バックナンバー一覧へ