コラムバックナンバー

YouTubeに、「Insight」に代わる分析機能「YouTube Analytics」が加わりました。

◆グーグル、YouTubeの分析ツール「YouTube Analytics」をリリース
https://a2i.jp/topics/toolsservice/10518

わたしも動物園の動物たちの動画を30本ほどアップロードしていたこともあって、機能のチェックも兼ねてレポート画面を見てみました。純粋に、楽しいですね。

動画投稿者が気になる指標(数字)としてまず挙げるのは、一般的には「再生回数」になると思います。ただし、定義を明確にしないといけないところですが、「再生回数」の実態は「再生開始数」にあたるでしょう。動画サイトやメディアの多くは、この数字を前面に出したり引用したりします。Webサイトの「ページビュー数」と同じ感覚ですね。


一方で、「動画はどこまで再生されたのか」「最後まで閲覧されたのか」も当然気になるところです。YouTubeのこれまでの「Insight」には「ホットスポット」というメニューがあり、「注目度」というデータを提示していたのですが、いまひとつわかったようなわからないような表現でした(わたしにとっては)。

新しい「YouTube Analytics」では、「視聴者維持率(英語ではAudience retention)」というメニューで、「絶対的な視聴率維持率」「相対的な視聴率維持率」の2種類のデータを確認することができます。前述の「ホットスポット」は後者「相対的な視聴率維持率」にあたると思うのですが、前者の「絶対的な視聴率維持率」でおおよそ「動画はどこまで再生されたのか」が把握できます。動画投稿者にとってもなかなか興味深くもあり、衝撃的なデータでもあります。

もちろん、動画の内容や時間によって、傾向はまちまちです。「相対的な視聴率維持率」は長さが同程度の他のYouTube動画と比較したデータですので、取り扱いはより難しいのですが、投稿者として「ここまでは見てほしい」という箇所までの「絶対的な視聴者維持率」が、動画の再生と連動して把握することができます。

動画の意図や内容に反して「こんなはずじゃなかった」という反省やフィードバックを踏まえて、次の動画の構成や編集内容に反映させるためのとても貴重なデータです。このデータのひとつの利用方法でしょう。

加えて、多くのデータが期間だけでなく国や地域でセグメントを切ることもできます。言語に依存しないグローバルな内容の動画も多いですから、世界の地域ごとの傾向の違いも見ることができるでしょう。評価やお気に入りなどのアクションのトレンドも確認できます。

もうひとつ、YouTubeでの再生なのか他のWebサイトでの再生なのか、モバイル端末での閲覧なのかといった項目も、当然のことながら準備されています。先月11月のわたしの30本の動画(合計再生回数は約1,000)において、携帯端末での再生が「26%」もあったのは、正直なところ想像よりも大きい数字でした。YouTubeでのオーバーレイ広告を利用していれば表示されるだろう項目もあるようで、AdWordsで利用されているところはチェックしてみるとよいでしょう。

企業のYouTubeでの動画の活用はだいぶ増えてきた感があります。「長さはこれで適切か」「構成や編集は適切か」という判断のためのより踏み込んだ分析が可能になったと言えるでしょう。

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】注目される統計的因果推論

    株式会社Rejoui 菅 由紀子
    発信元:メールマガジン2021年10月20日号より

    先日発表されたノーベル経済学賞の受賞者、デービッド・カード、ヨシュア・アングリスト、グイド・インベンスの3氏は「自然実験が知識の源泉となるこ …

  • 【コラム】計測できるものだけで都合良く評価していないか?

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2021年10月13日号より

    ■「測定できなければ管理できないというのは間違いで、代償の大きい誤解だ」 誤って引用されるフレーズに「測定できなければ管理できない」というも …

  • 【コラム】ABテストの科学

    Option合同会社 柳井 隆道
    発信元:メールマガジン2021年10月6日号より

    ABテストをするとき 「施策AとBを比較した結果、施策AのほうがCVR(目的の指標)が高いので優れていると判断した」 そこで思考が終わってい …

バックナンバー一覧へ