活動報告

開催日時 2024/04/11(木)
会場 オンラインセミナー

2024年4月11日、株式会社ナンバーの渋谷泰一郎さん企画によるセミナー『GA4レベルアップ!「探索」徹底解説と「BigQuery」活用法』を開催いたしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

レポート執筆:いちしま 泰樹

このセミナーは、GA4の活用フェーズにいる人たちに向けて、データ探索の使いこなしとBigQuery連携で可能になることをテーマにしたものでした。第一部をアユダンテ株式会社の高田和資さん、第二部を株式会社月曜日のトラの西正広さんがそれぞれ担当しました。

第一部は高田さんによる「データ探索の活用法」です。前提として、GA4ではデータの取り出し方が複数準備されています(標準レポート、データ探索、API [Looker Studio]、BigQuery)。レポートの特性や機能に合わせて利用できるメリットはあるのですが、一方でそれぞれにて数値が異なるといった問題があります。利用者にとって頼るところがなければなかなか解決しにくい問題です。高田さんは、なぜそのような数値の違いがあるのかを計測データの流れの図解と共に序盤に説明し、その上でデータ探索のレポートの使い方や特徴を例を交えながら説明しました。理解しやすい構成だったと思います。

「セグメントの重複」レポートについても、セミナー中に取ったアンケートではあまり使われていないという結果でしたが、「オーディエンストリガー」の機能などと共に詳しく紹介され視聴者の理解につながったのではないでしょうか。

高田 和資氏(アユダンテ株式会社)

第二部は西さんによる「GA4-BigQuery エクスポート、なにができる?どう使う?」でした。活用フェーズにいてBigQuery連携に関心はあるものの活用に至っていない人たちに向けた内容です。BigQueryエクスポートのデータはGA4の計測の流れのどのタイミングのものなのか、連携でどのようなことが実現できるのか、分析活用のケースなどが提示されました。特に分析活用ケースでは、Googleアナリティクス以外のデータとの突合やパス分析、MAとの統合といった「よくある深掘り分析」「将来検討が予想される取り組み」が紹介され、BigQuery連携で実現できる世界がイメージしやすかったと思います。

後半では、実際のBigQueryエクスポートの手順や簡単なクエリの紹介もありました。未経験者には「難しそう」と思われがちな内容ですが、生成AIを活用してクエリの記述例を入手する方法も紹介され、ハードルを乗り越えるヒントになったはずです。全体的に「これからGA4のBigQuery連携に取り組みたいが、わからないことが多くていろいろ不安」という人に対して手を差し伸べる内容だったと感じます。

西 正広氏(株式会社月曜日のトラ)

セミナー後のアンケートでも「GA4と探索とLooker Studioの使い分けがすっきりと理解できた」「BigQueryはまだ活用できていない状態だが、活用に向けたヒントを得られた」など、課題を抱えていた人たちの背中を押した感想が多く見られ、評価も非常に高いセミナーとなりました。

▼有料個人会員、有料法人会員は、このアーカイブ動画を視聴できます。(1年間限定)

出演講師

高田 和資

アユダンテ株式会社
GMPコンサルティング事業部 シニアカスタマーサクセスコンサルタント

詳細プロフィールを見る

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】Googleアナリティクスは分析ツールではない?

    アナリティクスアソシエーション 大内 範行
    発信元:メールマガジン2024年6月12日号より

    「Googleアナリティクスは分析のツールではありません。ここを誤解している人が多い。製品名を変えてほしい」 題名にも引用したこの言葉は、ア …

  • 【コラム】「GA4でアプリ行動を計測する」というのはどういうことか?

    株式会社イー・エージェンシー 本舩坂 香
    発信元:メールマガジン2024年5月29日号より

    こんにちは、株式会社イー・エージェンシー シニアコンサルタントの本舩坂(もとふなさか)です。 日頃の業務では、Google アナリティクス …

  • 【コラム】ChatGPT-4oの登場で考えたこと

    アナリティクスアソシエーション 大内 範行
    発信元:メールマガジン2024年5月15日号より

    ChatGPTが新たな改良バージョンとしてChatGPT-4oを発表しました。この新しい生成AIは、テキストだけでなく、音声、画像、動画も含 …

バックナンバー一覧へ