活動報告

開催日時 2022/05/31(火)
会場 オンラインセミナー

2022年5月31日に、オンラインセミナー「ビジネスを切り拓くデータストーリーテリング ~考え方と実践」を開催いたしました。第一部と第二部ともに、株式会社DATALEの板谷越 英美氏にお話しいただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

レポート執筆 西 倫英

第一部:儲かるデータ活用の鍵、アクショナブルBI with データストーリーテリング! ~2022年アップデート版~

板谷越氏は「2022年現在、データ活用のニーズがますます高まっている」と説明します。

「で、どうする?」とならないデータ活用

板谷越氏は、陥りがちな状況を冒頭でいくつか挙げました。

  • BIツールを刷新してダッシュボードやレポートをたくさん作ったが、見られていない
  • いくつかのレポートは見られているが、何かが変わった感じはない
  • DXプロジェクトがうまくいかない

なぜこのような状況になってしまうのでしょうか。それはBIツールが進化しても「人に伝わる」部分がボトルネックになるからです。そこで注目されているのが「Actionable BI」です。
Actionable(アクショナブル)とは「実際の行動につながる」という意味です。データを見ても示唆を得られないと「で、どうする?」となり、実際のアクションや意志決定にはつながりません。それをブラッシュアップするのが「データストーリーテリング」です。

データストーリーテリングとは

データストーリーテリングとは、データを使った物語を「伝えて」「期待するアクションを得る」技術です。相手がデータを見たときは「デザイン」がまず目に入り、「ストーリー」が伝わった上で「ゴール」の行動を引き出します。「データストーリーテリングに取り組む際は、この逆の順番で手がけるのがポイント」と板谷越氏は説明します。つまり最初に「ゴール」のアクションを決めて「ストーリー」を作り、それを「デザイン」に落とし込む、という順番です。
セミナーでは、データストーリーテリングのビフォーとアフターの例が2つ紹介されました。同じデータでも「相手が誰で、最終的にどんな行動を取ってほしいのか」を最初に定めることで、伝わり方が変わってきます。
板谷越氏は「データストーリーテリングは、科学的で、論理的で、効率的」と説明します。

第二部:儲かるデータ活用を実現する組織・作戦の考え方、進め方

第二部では「データ活用がうまくいかない」という例を挙げながら、具体的な取り組みについて触れられました。

新たなデータの見方が必要

成果(=金銭的な利益)につながるデータ活用の取り組みは、誰の目線で語るかによって内容が変わってきます。ここではマーケターの目線で何をすればいいかが語られました。
これまでのデジタルマーケティングでは、集客チャネルごとのCPAやROASを最適化することで事業利益につなげてきました。しかしCookie規制やGA4への移行、行動変容などの環境変化により、新たなデータの見方、KPIの設定が必要となっています。

組織の壁を超えてデータをつなげる

マーケターが取り組むべき「作戦」は2つあります。

  • 顧客ジャーニーの再考と定義
  • 広告を取り巻く環境変化への対応

「マーケターは、組織の壁を超えるタイミングに来ている」と板谷越氏は説明します。これまで顧客ジャーニーを考えるのは、企画チームの役割だったかもしれません。しかしセッションベースからユーザーベースへ考え方が移行すると、マーケチームも顧客ジャーニーなしでは成果に結びつけることはできません。分断したデータがあるのなら、組織を超えてデータをつなげていく。それがマーケターの立ち位置からやるべき大事な役割です。

最初は「調べる」ことから

続いて板谷越氏は、最初に取り組むべきステップを紹介しました。

  • マーケデータ以外にどんなデータがあるかを調べる
  • 各種データをつなげるために何が不足しているのかを調べる
  • 自社のタグやツールの状況を整理する
  • 課題やタスクを整理する

まずは、事業サイドや企画サイドがどんなデータを見ているのかを調べること。「わからないことは、わかる人にどんどん聞くこと」を板谷越氏は推奨します。データや課題を調べて整理できたら、次はロジックツリーや顧客ジャーニー、KSFを考え直すフェーズに進みます。
新しい取り組みを始めるには、社内の説得や調整も必要です。セミナーの最後では、新しい打ち手を提案するときの伝え方やダッシュボードの使い分け方など、実践的な話にも触れられました。

出演講師

板谷越 英美

株式会社DATALE
代表取締役

詳細プロフィールを見る

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】KPIを継続するための5つのポイント

    アナリティクスアソシエーション 大内 範行
    発信元:メールマガジン2022年9月28日号より

    9月14日、村上佳代氏による「マーケッターの必須スキル「KPI」の基礎理解と攻略」というセミナーがあり、非常に好評でした。GA4のことばかり …

  • 【コラム】時系列データ解析のための「コロナ禍のデータ」

    株式会社Rejoui 菅 由紀子
    発信元:メールマガジン2022年9月21日号より

    2019年12月に世界で初めて新型コロナウイルスの感染者が報告されてから2年8ヶ月が経過しました。先日、WHOのテドロス事務局長がこのパンデ …

  • 【コラム】接点を。もっと接点を

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2022年9月14日号より

    あるBtoCのWebサイトの状況を分析していたとき、全体的にモバイルのトラフィックのコンバージョンの状況が非常に良いことに気が付きました。ど …

バックナンバー一覧へ