活動報告

20151209_img01.png

2015年12月9日に、ウェブアナリスト養成講座「ウェブアナリストの引き出しをひとつ増やす定量分析基礎講座」が開催されました。講師は株式会社メディアチャンネルの末吉 正成 氏でした。本題に入る前の序章として、ビジネスデータ分析のトレンドという話から始まりました。定量定性とさまざまな調査手法がありますが、ユーザーの二ーズや利用状況を理解することがビジネスの基本です。ビジネスを意識し、調査の目的やデータの種類に合わせて柔軟に調査手法を選択できるようになりましょうと説きました。

第一部は「そもそもデータとは?」でした。まず数量(量的)データとカテゴリー(質的)データの大きく二つがあるといいます。そして多変量解析は大きく目的変数があるかないかで二分されます。前者は予測が主目的で、後者は仲間分けが主目的だとします。説明変数が量的データなのか質的データなのか、またその数によって様々な統計分析手法が分類されます。

第二部は「ビジネスデータ解析編」でした。実際にExcelを操作しながら、平均値や中央値といった関数を使いながらの解説でした。二つのデータの関係性を見るための相関分析、顧客満足度の優先順位を決めるための回帰分析の使い方などについて、実際のデータを基にした計算やグラフ化などをしながら説明していきます。

それぞれの分析手法における落とし穴についても話があり、正しい理解をすることがやはり重要なようです。最後はコンジョイント分析やクラスター分析と難しい分析手法についても触れ、全体としては盛りだくさんでしたが、具体的で分かりやすかったのではないでしょうか。

20151209_img02.png

参加者の声

【男性 係長・主任】
いまあるデータを使いこなせるようになる、実戦的なセミナーでした。ビジネスの場では、webだけでなくExcelで来た現場のデータも絡めた分析がよくありますが、今回お教え頂いた基本を押さえると、その場にあるツールだけでも効果的な分析ができる事を学べました。分析のアタリから発見、打ち手まで手早く進めることができそうです。

【女性 一般社員】
定量分析の基礎を学ぶ機会はあっても、webマーケティングをやっている人達が引出を増やすという意味でのセミナーは初めてだったのでとてもよかったです。

【男性 係長・主任】
統計の基本について丁寧に説明いただけた。短い時間の中で、一通りご説明いただけた。分析を行う上での経験から得られるTipsが役に立ちそうだった。

【男性 一般社員】
今まで書籍などを読み、触る程度だった定量分析を具体的な例やエクセルを使った内容での講座を受けることにより、理解が深まったように感じました。

【男性 一般社員】
弊社事業の今後の展開を考える上で、Web領域を超えたアナリティクスを行う際のスキルレベル感、市場のニーズの概要が理解できました。

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】「ではおまえはダッシュボードで人を動かせられるのか」と問う

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2018年7月11日号より

    週末、テレビの西日本豪雨のニュースで、日本地図の上に3D表現の棒グラフが載った24時間の降水量を示す表現が目に留まりました。 普段でも降水量 …

  • 【コラム】アナリティクス業務と働き方改革

    Option合同会社 柳井 隆道
    発信元:メールマガジン2018年7月4日号より

    このコラムでもどうしてもアナリティクスのアウトプットの質が多く議論されがちですが、今回はアナリティクス業務自体の効率化について述べてみること …

  • 【コラム】カートと購買のジレンマと向き合う

    アナリティクスアソシエーション 大内 範行
    発信元:メールマガジン2018年6月27日号より

    今回はウェブアナリティクスのお話です。でも最後に少しW杯の話をつけています。 あるeコマースサイトで、モバイルサイトのトップページを変更しま …

バックナンバー一覧へ