活動報告

2014年9月19日金曜日、名古屋において「やっぱりサイト集客が大事!Web活用のための『今どきのSEO』セミナー」(協力:株式会社アクアリング)が開催されました。講師はアユダンテ株式会社の村山 佑介氏とWebマーケティングコンサルタントの住 太陽氏です。
また本セミナーを企画したアクアリングの松井 健氏をモデレーター役に、会場からの活発な質問を交えてパネルセッションも行われました。
東西それぞれのSEOの第一人者が解説するまったく異なるSEOの実践的なアプローチを、一度に学ぶことができた貴重なセッションとなりました。
第1部はアユダンテ村山氏による「キーワードとコンテンツから考えるSEOとアナリティクス」です。これまでアユダンテで多くの大規模サイトのSEOを手がけてきた経験から、サイト構造からアプローチするSEOを解説していきます。
検索ニーズが変化していくことを意識し、思い込みや勘ではなく、必ずツールとデータを使って検索ニーズを確認します。不動産のサイトとグルメサイトの例を挙げながら、分析した検索キーワードに合わせて、サイト構造も見直しながら、多くのニーズを吸収できるサイト作りを進めていきます。
最後はアクセス解析で検索キーワードが (not provided) となって見えなくなる現状を踏まえ、コンテンツ分析やユーザー行動分析から、SEOを改善していくアプローチを紹介していきます。

第2部は日本で最初にSEOを推進したお一人で、ウェブサイト「SEO 検索エンジン最適化」の運営者でもある住 太陽氏から、中小規模の自社の製品サービスの強みを活かしたSEOの取り組みの紹介です。
昨今の検索エンジンのスパム対策の根幹は、偏った不自然なリンク、コンテンツに対する対策です。その点に着目し、比率や健全性を保ったSEOが短期、長期ともに効果が高いと強調します。
インハウスでのコンテンツ作りを強力に推進し、ディープリンクをバランスよく獲得していくSEOのアプローチで、一時的な検索エンジンのアルゴリズムの変化や、テクニックに流されず、より本質的なものです。

第3部は松井氏がモデレーターとなり、お二人に質問をしながらパネルディスカッションを展開します。会場からは、寝具メーカーのサイトでのSEOという具体的な質問が出され、お二人から対応策が解説されていきます。その他、サイト内リンクについての最近の評価の動向など、実践的でライブ感のあるセッションになりました。

名古屋SEOセミナー

参加者の声

アンケートには以下のようなコメントが寄せられました。

【女性 一般社員】 コンテンツが大切っていうことはわかっていたが、コンテンツの定義が変わりました。なるほど、と思いました。

【女性 一般社員】 現時点でどのような方向性でSEOに取り組むか、根拠となる数字なども含めて実践的だった。

【男性 一般社員】 実践的で今日から取り組みやすい内容でした。おかげで自社のウェブサイトにおいて、何を取り組んでいくか方針が立てやすくなったように感じます。

【男性 その他】 自分の試していない、SEOの解析方法を知ることが出来た。

【男性 役員】 住さんの比率のお話はSEOを改めて確認するときの指標としても活用でき、とても興味深く聞けました。パネルディスカッションもセミナーでは出にくい話も聞けて良かったです。

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】Google タグ マネージャーの同意モードについて

    アナリティクスアソシエーション 大内 範行
    発信元:メールマガジン2021年7月28日号より

    GTMに同意モードという機能が加わっています。これについて解説します。 最近、日本のウェブサイトでも、Cookieの利用について、同意を求め …

  • 【コラム】説明可能なAI、解釈可能なAI(2)

    株式会社Rejoui 菅 由紀子
    発信元:メールマガジン2021年7月21日号より

    前回のコラムでは、「説明可能なAI(Explainable AI )」「解釈可能なAI(Interpretable AI)」が取り沙汰されて …

  • 【コラム】軌道に乗ったプロジェクトは質のKPIの選択を

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2021年7月14日号より

    プロジェクトが長く続いていたり安定軌道でしばらく経っているのであれば、KPIに質を表す指標を加えるべきでしょう。 ・全体の指標からコアユーザ …

バックナンバー一覧へ