活動報告

MakotoShimizu_Nagoya02

2013年11月28日 名古屋にて特別セミナー「図解で取り組むユーザー視点のデータ解析」 が行われました。講師は清水 誠さんです。

事例を豊富にまじえたコンセプト・ダイアグラムの描き方とそこから導き出した指標の解析、そしてビジネス改善方法の解説です。清水さん独特の淡々としながらも迫力のある語り口で、実サイトの具体的な数値を見ながら講義が進み、3時間があっという間に過ぎていきました。

多くの分析担当者が、いきなり分析ツールのレポート画面を見はじめたり、ページビューや直帰率といった、解析独自の言葉で語りはじめます。しかし、その前にユーザー行動全体像をビジネス視点、ユーザー視点から描き出すことがとても重要だと語り始めます。
今回は実際のオンラインストアのウェブサイトを事例として取り上げながら、清水さんが考案したコンセプトダイアグラムの具体的な描き方が語られていきます。コンセプトダイアグラムは、シンプルな図でわかりやすくユーザー行動を描き出すため、ユーザー視点から多くの気づきがもたらされます。
清水さんが取り上げたウェブサイトの事例でも、本来は解析担当者ではない事業責任者が、サイト改善に取り組んでいく姿が語られ、とても印象的でした。

MakotoShimizu_Nagoya01

セミナー後の懇親会では、清水さんを囲んでコンセプト・ダイアグラムの書き方について突っ込んだ話し合いが行われました。
そしてなんと、参加者が取り組むビジネスモデルを題材に、その場で清水さんがダイアグラムをライブで書きはじめる、という展開になりました。
名古屋セミナーならではの貴重な充実した時間だったと思います。

●受講者の声
女性、一般社員:視点の置き方ひとつで、いろいろな見解ができるということがよくわかりました。自分を信じて、解析をしたいと思います。

男性、役員:データ分析を行う際に図解すると理解が深まるというお話でしたが、当たり前ながら意外に通常は採用していない手法であり、改めてその必要性を認識しました。

男性、係長・主任:実践に基づいたマーケティング視点でのアクセス解析。「アクションにつながらないデータは捨てる」は目から鱗でした。

MakotoShimizu_Nagoya03

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】注目される統計的因果推論

    株式会社Rejoui 菅 由紀子
    発信元:メールマガジン2021年10月20日号より

    先日発表されたノーベル経済学賞の受賞者、デービッド・カード、ヨシュア・アングリスト、グイド・インベンスの3氏は「自然実験が知識の源泉となるこ …

  • 【コラム】計測できるものだけで都合良く評価していないか?

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2021年10月13日号より

    ■「測定できなければ管理できないというのは間違いで、代償の大きい誤解だ」 誤って引用されるフレーズに「測定できなければ管理できない」というも …

  • 【コラム】ABテストの科学

    Option合同会社 柳井 隆道
    発信元:メールマガジン2021年10月6日号より

    ABテストをするとき 「施策AとBを比較した結果、施策AのほうがCVR(目的の指標)が高いので優れていると判断した」 そこで思考が終わってい …

バックナンバー一覧へ