有料法人会員

有料法人会員とは

企業や団体が登録できる有料会員で、ほとんどのセミナーに無料で複数名が参加できます。

会員特典

特典1:メールマガジン購読

最新のセミナー・イベント情報や業界の最新情報をお届けするメールマガジンやお知らせを購読できます。

特典2:有料会員限定セミナーへの参加

有料会員のみが参加可能なセミナーに参加できます。

特典3:有料セミナーへの参加割引

有料セミナー、アナリティクスサミットへの参加費が、無料もしくは特別優待価格になります。
有料法人会員は、一部を除きほとんどのセミナーへ無料で参加可能です。

特典4:複数名でのセミナー参加

セミナーに複数名で参加できます。
※ セミナーにより1社あたりの参加人数制限を設けさせていただく場合があります。(原則、オンラインセミナーに制限はありません)

特典5:セミナーアーカイブの共有

過去のセミナーも含め、講演スライドのダウンロード、セミナー動画の視聴ができます。
※講師の意向により非公開のもの、公開期間が終了したものについては共有されません。

特典6:a2i有料会員リンクバナーのご利用

あなたのWebサイトやブログに、アナリティクス アソシエーションへのリンクバナーをご利用いただけます。
詳しくは「a2i有料会員リンクバナー」ページをご確認ください。

お申込み概要

対象

企業や団体

これまでに参加いただいている法人は、「参加会員数と法人会員一覧」ページにてご紹介しています。
※ グループ会社や子会社などへは適用されません。法人ごとに個別のご契約をお願いします。

会費

入会金: なし
年会費: 158,400円(税込)

お支払い方法は、銀行振込のみとなります。
請求書発行も承ります。請求書はお申し込み月の月末に発送します。
※ 有効期間は1年間です。お申し込み用紙の受領月の1日が会員期間の開始日になります。
例)2021年5月15日にお申し込み用紙を受領した場合の会員期間は、2021年5月1日-2022年4月30日

お申し込みの流れ

  1. ページ下部のお申込みボタンより、フォームにてお申込みいただきます。
  2. 自動返信メールにて、申し込み用紙のダウンロード方法をご案内します。
  3. 申し込み用紙に必要事項をご記入の上、PDFファイルをメールに添付しお送りください。
  4. 受領後、お支払方法の詳細、ご利用開始をメールにてご案内します。
  5. 案内に従って、マイページの初回登録を行っていただきます。※会員管理(マイページ)には、シクミネットのシステムを利用しています。

メールマガジン購読解除・退会について

  • メールマガジンの購読解除は、こちらより行えます。
  • 退会をご希望の方は、マイページ内の「変更申請」、またはこちらのフォームより承ります。
  • なお、会員の有効期間中であっても会費の返金はいたしかねますのでご了承ください。

    その他、有料法人会員に関するご案内

    • セミナー・イベント参加には事前のお申し込みが必要です。
    • セミナー・イベントの価格は開催の都度、ホームページやメールマガジンなどにてご案内いたします。
    a2i セミナー風景イメージ

    あなたも参加しませんか?

    「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

    セミナー・イベント予定

    予定一覧へ

    コラムバックナンバー

    • 【コラム】組織がKPIを身につけるために何をするべきか?

      アナリティクスアソシエーション 大内 範行
      発信元:メールマガジン2024年7月10日号より

      少し前、a2iの「ひとこと茸」で、デジタルマーケティングのダッシュボードについて取り上げました。続いて書かれた渋谷さんのコラムも併せて、じっ …

    • 【コラム】「ダッシュボードは結局見なくなる問題」再考

      株式会社ナンバー 渋谷 泰一郎
      発信元:メールマガジン2024年6月26日号より

      株式会社ナンバーの渋谷と申します。アナリティクスアソシエーションの運営を担当しており、今回のメルマガを担当いたします。 先日a2iのミニコン …

    • 【コラム】Googleアナリティクスは分析ツールではない?

      アナリティクスアソシエーション 大内 範行
      発信元:メールマガジン2024年6月12日号より

      「Googleアナリティクスは分析のツールではありません。ここを誤解している人が多い。製品名を変えてほしい」 題名にも引用したこの言葉は、ア …

    バックナンバー一覧へ