リリースやお知らせ

a2iの書籍『新しいアナリティクスの教科書』

2015年6月19日にインプレスから、アナリティクス アソシエーション(a2i)の書籍『新しいアナリティクスの教科書』が発売されます。

「なぜ、データ分析に取り組んでいるのに成果が出せないのか?」 本書は、そんな悩みに答えるために、私たちアナリティクス アソシエーションが7年間の活動から得たエッセンスをまとめた書籍です。Webサイトのアクセス解析に携わる方を中心に、データ分析によるビジネスの改善に取り組む方々を対象としています。今やGoogleアナリティクスから統計解析まで、ツールの解説や分析の手法を解説した書籍が多く出版されています。しかし、実際にその海を進もうと船に乗っても、アナリティクスの海は広く、先が見えません。どこから船を出して、どこに向かって行けばよいのか? 企業の現場では、船の操縦やコンパスの使い方を学んだのに、経験のある船乗りと海図がない状況だといえます。

「アナリティクス アソシエーションの活動をまとめて、アナリティクスの地図の役割をする書籍を書きませんか?」というインプレス様からの提案が実を結び、このたび『新しいアナリティクスの教科書』をまとめることができました。ぜひ、皆様にとって、よい道案内になれば幸いです。

書籍『新しいアナリティクスの教科書』の詳細

書籍『新しいアナリティクスの教科書』

書名:
新しいアナリティクスの教科書
データと経営を結び付けるWeb解析の進化したステージ

著者:アナリティクス アソシエーション
定価:本体2,000円+税
発売日:2015年6月19日(金)
ページ数:224ページ
判型:A5正寸判

第1章では私たちが取り組む「アナリティクス」を概観し、第2章~第4章では「アクセス解析はしているが、どこから改善すればいいのかわからない」「サイト外も含めてお客様とのコミュニケーションを改善したい」「DMPやマーケティング自動化チャレンジしたい」と考えている方に向けて、事例も交えて、わかりやすく解説していきます。そして、第5章ではアナリティクスを生かして成長する組織のあり方について、日本の企業組織の現状に合わせた形で考察します。

第1章 「アクセス解析」から「アナリティクス」への進化
第2章 ユーザー心理を捉えたサイト改善の始め方
第3章 カスタマージャーニーによるユーザーの深い理解
第4章 データ統合が実現するマーケティング自動化
第5章 アナリティクスを生かす組織の作り方

インプレスのWebサイトで詳細を見る »
※無料試読版がダウンロードできます

アマゾンで詳細を見る »

 

a2iメルマガコラムも書籍化されます

書籍『a2iの軌跡』

同じタイミングで、アナリティクス アソシエーション(a2i)のメルマガコラムも書籍化されます。こちらはインプレスから2015年6月17日に『a2iの軌跡』として発売されます。

a2iメルマガコラムバックナンバー『a2iの軌跡』の詳細はこちら »

 

一つ前のページに戻る

a2i セミナー風景イメージ

あなたも参加しませんか?

「アナリティクス アソシエーション」は、アナリティクスに取り組む皆さまの活躍をサポートします。会員登録いただいた方には、セミナー・イベント情報や業界の関連ニュースをいち早くお届けしています。

セミナー・イベント予定

予定一覧へ

コラムバックナンバー

  • 【コラム】「ではおまえはダッシュボードで人を動かせられるのか」と問う

    株式会社真摯 いちしま 泰樹
    発信元:メールマガジン2018年7月11日号より

    週末、テレビの西日本豪雨のニュースで、日本地図の上に3D表現の棒グラフが載った24時間の降水量を示す表現が目に留まりました。 普段でも降水量 …

  • 【コラム】アナリティクス業務と働き方改革

    Option合同会社 柳井 隆道
    発信元:メールマガジン2018年7月4日号より

    このコラムでもどうしてもアナリティクスのアウトプットの質が多く議論されがちですが、今回はアナリティクス業務自体の効率化について述べてみること …

  • 【コラム】カートと購買のジレンマと向き合う

    アナリティクスアソシエーション 大内 範行
    発信元:メールマガジン2018年6月27日号より

    今回はウェブアナリティクスのお話です。でも最後に少しW杯の話をつけています。 あるeコマースサイトで、モバイルサイトのトップページを変更しま …

バックナンバー一覧へ