【受付終了】特別セミナー「Google アナリティクス アドバンスド ~メジャメント プロトコルからデータ連携まで~」 (2015/11/26)

2015年11月26日(木)に秋葉原UDX カンファレンスにて特別セミナー「Google アナリティクス アドバンスド ~メジャメント プロトコルからデータ連携まで~」を開催します。

Google アナリティクスの新しいバージョンであるユニバーサル アナリティクスがリリースされてはや3年が経ちます。今回は4人の登壇者をお招きし、そのユニバーサル アナリティクスで使える新機能などを上手に利用した活用術や事例などをお話しいただきます。

今回は一般、無料会員の方もご参加いただけます

[題名]Google アナリティクス アドバンスド ~メジャメント プロトコルからデータ連携まで~

第一部:衣袋 宏美 氏(株式会社クロス・フュージョン)
第二部:木田 和廣 氏(株式会社プリンシプル)
第三部:篠﨑 晃宏 氏(株式会社オールコネクト)
第四部:畑岡 大作 氏(アユダンテ株式会社)

第三部までは、ユーザー単位の分析、外部データとの連携、メジャメント プロトコルを利用したデータ収集など、ユニバーサル アナリティクスならではの機能を利用した分析や施策に繋げた活用事例をご紹介します。

また第四部ではユニバーサル アナリティクスの実装をGoogle タグマネージャ(GTM)で実現させた事例とその留意点などをご紹介します。

<扱う内容の範囲>
・ユニバーサル アナリティクスが前提となります
・Google アナリティクス プレミアム独自の機能については取扱いません
・アプリなどモバイル系についての内容はありません

<参加者に求める前提の知識>
Google アナリティクスについての基本的な知識を有していること

セミナー・イベント名

特別セミナー 「Google アナリティクス アドバンスド ~メジャメント プロトコルからデータ連携まで~」

開催日時

セミナー・イベント内容

第一部:訪問者(ユーザー)単位の分析手法

衣袋 宏美 氏衣袋 宏美 氏 (いぶくろ ひろみ)
株式会社クロス・フュージョン 代表取締役
NEC、日経BP社、ネットレイティングスを経て、2006年に株式会社クロス・フュージョン設立。2009年にアクセス解析イニシアチブ(現アナリティクス アソシエーション)設立に参加。アクセス解析、特にGoogle アナリティクスに特化してアカウント設計・各種設定、分析、教育などを行っている。
【主な著書や連載】
・『Google Analyticsによるアクセス解析入門』(技術評論社)
・『Googleアナリティクス セグメント100選』(Web担当者Forumの連載)

ユニバーサル アナリティクスではUser ID機能を利用することで、複数のデバイスを同一ユーザーが利用しても、その利用行動を繋げることができるようになりました。また従来のGoogle アナリティクスでも使えるセグメント機能は、2年前に新しくなり、訪問者(ユーザー)単位でのセグメントが可能になりました。そんな訪問者単位の分析を前に進めるための方法をお話しします。

・ユニバーサル アナリティクスのUser ID機能とは
・カスタム ディメンションを利用したブラウザ/ユーザー毎のデータ収集法
・ユーザーベースのセグメントの活用例
 

第二部:データ連携機能の活用

木田 和廣 氏木田 和廣 氏 (きだ かずひろ)
株式会社プリンシプル 副社長
1989年早稲田大学政治経済学部卒業。 豊田通商の南米駐在員として自動車販売に従事。株式会社カービューに転職し広報・マーケティング、営業、iモードサイト構築等を担当。その後、ネットショップ店長を経て、アクセス解析の世界に入る。Google Analyticsの導入支援、カスタマイズ、また、Webサイトの問題点をあぶり出し、効果があがるサイト改善やマーケティング施策を提案する「サイト診断/コンサルティング」を主なサービスとして提供する。Google Analytics公式ヘルプフォーラムの「トップレベルユーザー」でもある。2015年3月、「できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240」を上梓。

機能自体は随分前から実装されているデータインポートですが、実践で使いこなしているユーザーはそれほど多くないように感じています。 その理由の一つは実際の活用例、また、作業手順についての知識が不足していることかとも思います。
本セッションでは、以下をテーマにお話しし、データインポートを活用したGoogleアナリティクスのやや高度な利用方法をご紹介します。

・データインポートとは
・データインポートできる対象
・ユーザーデータインポートの実際
・ユーザー属性とサイト上の振る舞いでリマーケリストを作成する
・拡張eコマースレポートとは
・拡張eコマースレポートを利用するメリット
・拡張eコマースレポート実装の2つの方法
・データインポートを使った拡張eコマースの実際
 

第三部:ユーザー企業活用事例

篠﨑 晃宏 氏篠﨑 晃宏 氏 (しのざき あきひろ)
株式会社ALL CONNECT 執行役員 Webマーケティング部 本部長
1984年生まれ。大学院で実験素粒子物理学を専攻し、暗黒物質の検出実験に従事。2012年にオールコネクトに入社し、同年10月より、リスティング広告運用に携わる。以後、リスティング広告のパフォーマンス改善に尽力した。現在は広告部隊の組織強化・データ回りの整備等に尽力している。

Google アナリティクス(GA)は無料ツールであるにも関わらず、カスタマイズによっては施策の幅を広げてくれます。 今回はGAを用いて、弊社で取り組んだ施策事例についてご紹介させて頂きます。

・メジャメント プロトコルを用いたオフラインデータの取り込みによる広告施策への反映事例
・カスタムディメンションを用いて取得したデータを元にした広告成果アップ事例
 

第四部:GTMでユニバーサル アナリティクス実装の実際例

畑岡 大作 氏畑岡 大作 氏 (はたおか だいさく)
アユダンテ株式会社 HTML+CSSマークアップエンジニア
大手インターネット地図サイトを経て、2008年からアユダンテ株式会社にて勤務。主にSEO面でのHTMLの解析・設計・レビューなどを行い、基本から応用まで幅広く関わる。2012年にアクセス解析ツールと非常に相性の良いGoogle タグマネージャがリリースされてからはその動向を追い、現在はタグ・マネジメントの敷居を下げるため、日本唯一のGoogle タグマネージャの入門書を書いたりもしている。
【著書】
・『実践 Google タグマネージャ入門 増補版』(インプレス)
・『実践Googleタグマネージャ入門(販売終了)』(インプレス)

Google タグマネージャ(GTM)はアクセス解析ツールや広告ツールのタグ管理が楽になる、そんなツールです。まだ若いツールではありますが、最近では徐々に色々なところでGTMを導入しているサイトが増えてきました。でも、ネット上ではまだまだ情報は少なく、実際に導入したときにどういうビフォー/アフターがあったのかイメージしづらい状況です。
本セッションではそんなGTM導入や運用について、登壇者が関わった事例をもとに、導入/運用の実際を取り上げます。

・GTM基本導入例
・イベントトラッキング利用例
・GTM導入と運用の留意点

参加資格および参加費

会員種別 参加可否 参加費
法人会員 参加できます 無料
有料個人会員 参加できます 3,000円(税込)
無料会員、一般 参加できます 7,800円(税込)

 

定員・申込期限

180名
※法人会員のお申込みは、当セミナーは1社あたり5名様までとさせていただきます。
※お申込み順で、定員になりましたら締め切らせていただきます。
※キャンセル待ちはございません。

会場

秋葉原UDX カンファレンス(6F ルームA+B+C)
東京都千代田区外神田 4-14-1
6階カンファレンス会場フロアまでのアクセス方法(PDF)

6階ルームCの前の受付までお越しください
6階カンファレンス会場フロアの地図(PDF)

JR 秋葉原駅 電気街口より 徒歩2分
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 2番出口より 徒歩4分
東京メトロ銀座線 末広町駅 1番または3番出口より 徒歩3分

注意事項

※都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合がありますので、ご了承願います。
※災害・事故等の不可抗力な事情、また講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止、または内容・時間を変更させていただく可能性がございます。
その際は、ホームページ、Facebook、Twitter等で告知し、お申込みのメールアドレスにご連絡申し上げます。セミナーご参加の前に、必ずご確認いただくようお願いします。

よくあるご質問

申込は会員種別に、下記のEventRegist(イベントレジスト)からお願いします
本イベントは、申込受付にイベントレジストのシステムを利用しています。お申込み前にイベントレジストの会員登録(無料)が必要となります。なお、過去にイベントレジストの会員登録を済ませている方は、新規会員登録の必要はございません。

申し込みは終了しました。

  • あなたも参加しませんか?

アナリティクス アソシエーションの無料会員にご登録いただければ、開催するセミナーやイベントの情報や活動報告、業界の関連ニュースなどを、いち早くあなたにお届けできます。

現在の会員数合計: 6,175 名

※上記は有料会員、無料会員、有料参加者の合計です。