【活動報告】サイト改善ミーティング第2回「アクセス解析DIY」(6/22)

サイト改善ミーティングは、2010年に実施したアクセス解析イニシアチブのアンケート結果から、参加型のワークショップ的な勉強会と、初心者向けの勉強会へのご要望が強くあり、2011年、今年1年を通して初心者が取り組める勉強会として企画されました。

2011年6月22日(水)、第2回目は、「アクセス解析DIY」と題して、講義をもとに参加者がご自身の担当されているサイトをモデルに考えていただく演習を実施いたしました。

a2i サイト改善ミーティング風景a2i サイト改善ミーティング風景a2i サイト改善ミーティング風景a2i サイト改善ミーティング風景

前半は、講師(Cinciいちしま泰樹氏)による講義。アクセス解析 5つのステップ3つの視点Webビジネスのモニタリングとして、どのようにアクセス解析に取り組めばよいのか、サイトのタイプ別(リード型・ECサイト型・メディア型)に解説いただきました。

後半の演習では、参加者ご自身が関わっているサイトを題材に、講義内容をふまえて見るべき指標やセグメントを洗い出していく作業を実施いただき、4人1グループで各自のワーク内容を発表し合いました。
様々なサイト運営者の方々と、お互いの知見の分かち合う場は新鮮だったようで、各グループのシェアは、おおいに盛り上がりました。

演習終了後、いちしま氏よりアクセス解析を取り組まれる方々へ「アクセス解析においては、サイトの目標に寄与する大切な指標を3つくらいに絞って、追いかけ続けることが良いでしょう。また『木を見て森を見ずになってはいけません。木の葉を見る前に森をみましょう』」という、メッセージで締めくくられました。

1つのサイトの中には、指標が多くありますので、それを全部追いかけている訳にはいきません。また、Google Analyticsなどの高性能な解析ツールは、すぐにサイト内の枝葉のレポートが見えてしまうため、ついつい細かい数値に気をとられてしまいがちです。
アクセス解析を実施する上で、サイト全体を見通す力の大切さについて再認識できたと思います。

このワークショップはご好評により、同内容にて7/27(水)再度開催いたします。

サイト改善ミーティング第3回「アクセス解析DIY」(7/27水) お申し込みはこちら