【活動報告】a2i名古屋「お客様の共感を得るeコマース ~あのECコンサルタントと事業会社が語るネットショップ戦略~」(2016/7/21)

Satoshi Sakamoto @Nagoya

2016年7月21日木曜日、名古屋にて株式会社アクアリングのご協力のもと、eコマースセミナーを開催しました。「お客様の共感を得るeコマース」と題して、成功事例、失敗事例含め、たくさんの実践例を盛り込んだセミナーになりました。

セミナーは2部構成で、前半の第1部は、コマースデザイン株式会社の坂本 悟史氏にご登壇いただきました。
「メーカー型・仕入れ型ECのための「独自化」の考え方と事例」と題して、競争が激しくなり、進化し続けるEC市場で、いかに生き残るか、メーカー型、仕入れ型、それぞれのタイプに分けて、課題と実践例をお話しいただきました。
メーカー型では「わざわざ通販で買う理由」をお客様目線でいかに見つけていくか? 仕入れ型では「お客様の買い物を手伝う」という考え方が大事などのお話がありました。
ほぼすべてのお話に、具体的なショップの事例が紹介され、非常に実践的な内容で、セミナー後のアンケートでも「仕事に活かせる」とのコメントが多くありました。

後半第2部は、ネットショップを展開する株式会社マンチェスの伊澤 由季子氏、神野 友香氏のお二人にご登壇いただきました。「マイノリティの味方になる対話的EC運営術」と題して、成功例、失敗例を含めて、お客様を深く知る方法を追求してきた取り組みをお話しいただきました。
こちらも数値を含めて具体的なお話が展開されました。お客様とのコミュニケーションを地道に重ねることで、お客様の困り事を受け入れて、一緒になって解決していくことができた、というお話が印象的でした。
特に強調されていたのは以下の3点です。
1) 立ち上げ時から、eコマースの担当者が二人いて、相談、分担しながら、取り組みを継続できたこと。
2) 経営者との信頼関係を構築できたこと
3) 外部に信頼できるパートナーがいたこと

セミナー後の懇親会も、講師の3名の方々をまじえて、多くの参加者で盛りあがり、eコマースの苦労話や最新事情が飛び交っていました。

Izawa Kamino Manches


参加者の声

【女性 係長・主任】
もっとお客様に寄り添って、お客様の声に耳を傾けなければと痛切に思いました。

【男性 役員】
事例があったり新しいトレンド的な情報や対策はよかった。さらに、事業会社の方の「失敗事例」も参考になった。

【男性 一般社員】
第1部、第2部とも当社の運営に参考になる考え方が多数紹介されており、とても分かりやすかったです。たくさんの気づきが得られたセミナーでした。

【女性 その他】
中小サイトでも売れる方法のヒントが分かりやすかった。実績や事例の話が自社でもできる部分があると気が付かされた。

以上