2018年7月から、HTTPS対応していないウェブは「安全でない」と表示へ

発信元:TechWave

いよいよ、ウェブの通信手段がセキュア対応が当たり前になりそうです。米Googleは2018年2月8日、同社が2018年7月に提供する予定のChromeブラウザの最新版でセキュア通信手段「HTTPS」に対応していないウェブサイトを開いたとき「セキュアではない」と表示することを明らかにしました。

記事の全文はこちら(上記は記事の一部を引用したものです)