体験に「一貫性」を持たせる ロクシタンジャポンのオムニチャネル戦略

発信元:販促会議

南仏発の化粧品ブランド、ロクシタンは世界90カ国以上で展開し、日本では100以上の店舗を構える。同社は東京・渋谷スクランブル交差点前に路面店を構えるなど店舗運営に力を入れつつ、Eコマース(EC)での売り上げも高めている。それらはどのような協働により、相乗的な売り上げアップにつながっているのか。

記事の全文はこちら(上記は記事の一部を引用したものです)