DMPはいよいよ"クロスデバイス"、"人ベース"の時代に 事業に貢献する「データマーケティング」とは

発信元:MarkeZine

データテクノロジーカンパニーであるSupershipの専門家たちが、膨大なデータと向き合っていく「デジタルマーケティング」、デジタルマーケティングの心臓部である「DMP」、新たなビジネス領域でもある「データビジネス」という3つのテーマで考察する本連載。2回目となる今回は、データマーケティング事業部長の小林秀次氏が、これからの「DMP」「データマーケティング」はどのようにあるべきなのかについて解説する。

記事の全文はこちら(上記は記事の一部を引用したものです)