ブランディング目的のマーケティング施策の中長期的な効果を正当に評価するには?

発信元:ニールセン

2016年11月のメルマガで、各マーケティング施策がどれだけ売上などの最終目標(KGI: Key Goal Indicator)に貢献したのかを測定する方法として、マーケティングミックスモデリング(以下MMM)と、マルチタッチアトリビューション(以下MTA)についてご紹介しました。その際に評価指標として想定していたのは「売上」や「申込数」、「アクティブユーザー数」などの各企業のKGIです。これらの分析は、企業の数週間から数ヶ月単位の短期的な売上を最適化していく上では、非常に重要な参考情報となります。

記事の全文はこちら(上記は記事の一部を引用したものです)