ユーザの平均継続期間が「1/解約率」で求められることの数学的証明

発信元:it's an endless world.

グロース分野においてユーザがそのサービスを平均でどのくらいの期間使ってくれるか?という数値は重要な値です。

例えば、広告の費用対効果を見るためにも計算するLTV(Life Time Value)。LTVはユーザを1人獲得することで平均でどのくらいの売上に繋がるかという値ですので、平均継続期間×ARPUという算出方法になります。

記事の全文はこちら(上記は記事の一部を引用したものです)

  • アナリティクス トピックスアナリティクス トピックス 一覧へ

もっと読む >>