勘違いだらけのDMP活用、実際に運用して感じた3つのウソ

発信元:Web担当者Forum

いまの「デジタルマーケティング」の業界では、「DMP」が一時的なバズワードとして扱われており、企業のマーケティング全体像のなかでDMPが本来果たすべき役割とは違った角度で話されているという印象を拭えません。

その原因の最大の理由の1つに、そもそも「プライベートDMP」と「パブリックDMP」が混同され、「DMP」という1ワードで語られてしまっていることがあると思います。そして、あげくの果てには「DMPはビジネスに有効じゃない」なんてことも語られてしまう状況です。

ユーザーサイドでDMP活用を担当している私としては、この状況に、腹立たしいというか、立つ瀬が無いというか、納得いかないというか......。

ということで、DMPの本当の価値を今一度問いたい! というか、DMPを正しく評価してほしい! という思いから、プライベートDMPの本当の価値、本質的な使い方について、今回は一筆啓上つかまつります。

記事の全文はこちら(上記は記事の一部を引用したものです)