AIとVR搭載の実店舗を試験展開 アリババが目指すオンラインとオフライン融合型の"新小売"とは?

発信元:WWD JAPAN

中国最大手のEC企業、アリババ(ALIBABA)は2016年11月11日の中国「独身の日」からオンラインとオフライン(実店舗)を融合させた"新小売(New Retail)"というビジネスモデルを打ち出している。まず、その第一歩として、中国の百貨店チェーン、インタイム リテール(Intime Retail)に投資。現在同社の74%の株式を保有し、「独身の日」のプロモーション実施などを含めて同百貨店のオムニチャネル化を図っている。

記事の全文はこちら(上記は記事の一部を引用したものです)