新指標GAPと無意識の測定はテレビCMをどう変える?

発信元:MarkeZine

テレビCMはこれまで、投下量しか測定できませんでした。しかし今、視聴者の視線を測定でき、新たな指標GAPで実際の広告効果がわかるようになったのです。今回、GAPがテレビCMをどう変えていくのかを解説した翔泳社の新刊『届くCM、届かないCM』の著者である横山隆治さん、大橋聡史さん(ともにデジタルインテリジェンス)、川越智勇さん(TOMOGRAPH)にお話をうかがいます。

記事の全文はこちら(上記は記事の一部を引用したものです)