アクセス解析:テスト手法&結果 一覧

  • 2017年01月18日
  • 「Google Optimize (BETA)」で無料かつ楽にA/Bテストを設定しよう (準備編)
  • こんにちは、小川卓です。 今回はGoogleが提供開始予定の「Google Optimize」について紹介いたします。Google OptimizeはA/Bテスト及びマルチバリエイトテストを行うためのサービスです。無料で利用することがだき、画面上でテストパターンを作成することが出来るため、サイトにファイルをアップロードなどすることがなく簡単にテストを開始・評価することができます。
  • 発信元:Analyticsガイド
  • 2016年10月03日
  • 損保会社のメールマーケティング、KPIを変えたふたつのA/Bテストとは
  • 某損保会社では、顧客データの分析を行った結果、「自動車保険に加入している人は、がん保険に加入しやすい傾向がある」ということを突き止めた。 そこで、自動車保険加入者のリストに、がん保険加入を促すメールを送っているのだが、思ったような結果が出ていない。「自分たちでやれることは、全部やりました。これ以上、何をやっていいかわかりません」と、困り顔の担当者 Q氏からご相談いただいた。
  • 発信元:ECzine
  • 2016年02月20日
  • A/Bテストから何を学ぶか
  • Webサイトの情報設計・デザインを考えるにあたって、複数の案の中からどれを採用すべきかで悩むことがあるかと思います。 たとえば、「日本のホテル検索・予約ができるスマートフォンサイト」を例にとってみましょう。このようなサイトでは大抵、ホテルごとに特徴や宿泊プランを確認できる「ホテルの詳細情報ページ」がありますが、スマートフォンサイトは画面幅が狭いこともあり、以下のようなレイアウトの選択を余儀なくされる場合があります。
  • 発信元:ミツエーリンクス
  • 2016年02月18日
  • ABテストでコンバージョン300%増! 富士フイルム写真年賀状、短期決戦の舞台裏
  • ディスプレイ広告やメール文面などに用いられているABテストは、Webサイトにも有効だ。ただし、実践する企業側に一定の仮説があり、それを元に展開する形でないと、高い成果を得るのは難しい。富士フイルムは、2016年の写真年賀状申し込みサイトにて、OptimizelyのABテストを導入。イー・エージェンシーとともに運用した結果、トップページでは300.9%ものコンバージョン改善が見られた。この知見を化粧品など他の事業へも展開し、また自社サイトのリニューアルにも活かしていく意向だ。
  • 発信元:MarkeZine

    次のページ »