その他 一覧

  • 2017年01月13日
  • アナリティクスにおける10のメガトレンド
  • 「現実的に考えると、経営を改善したければ、アナリティクスチームを頼りにしなければならない。アナリティクスは、企業が自らの文化と戦略の下で、目標を達成するための武器になる」。Gartnerのリサーチディレクターを務めるガレス・ハーシェル氏は、2016年11月上旬にスペインのバルセロナで開催されたGartner Symposium/ITxpoでそう語った。
  • 発信元:@IT
  • 2016年12月29日
  • デジタルトランスフォーメーション - 2017年のデータ解析業界展望
  • 2016年、弊社プリンシプルが属する「Webデータ解析業界」を象徴するキーワードは「機械学習」であったと思います。では、2017年を1年後に振り返った際、どのようなキーワードが、この業界を象徴することになるでしょう?筆者は、そのキーワードは「デジタルトランスフォーメーション」になるのではないかと考えています。「デジタルトランスフォーメーション」にまつわる情報を拾ってみると、以下のようになります。
  • 発信元:プリンシプル
  • 2016年12月29日
  • 今年のGoogleアナリティクスの進化を総振り返り。オプティマイズ、データスタジオ、そして2017年の話
  • 2016年は、Googleアナリティクスの有料版である「Googleアナリティクス プレミアム」が名前を変えて「Googleアナリティクス 360 スイート」というスイート製品群として新たに発表された。 それに伴い「Googleオプティマイズ」「Googleデータスタジオ」といった新しい製品が登場し、2016年後半には両者とも実際に使えるようになった。これは単なるサービスの追加ではなく、Googleアナリティクスを取り巻く環境が今後大きく変わっていくことを表している。
  • 発信元:Web担当者Forum
  • 2016年08月16日
  • データ活用最前線[前編]~先駆者・大阪ガスが明かすデータ分析の勝ちパターン
  • IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の普及とともに、エネルギーやインフラ分野におけるデータ活用が注目されている。国内エネルギー事業者のなかでも、特にデータ分析・活用に注力してきたのが大阪ガス(*1)だ。同社ビジネスアナリシスセンターが黎明(れいめい)期から地道に取り組んできた、社内のデータ活用の土壌づくりをもとに、データ分析の成功パターンをひも解く。
  • 発信元:Insight for D
  • 2016年07月22日
  • クレディセゾンがDMP構築で実現する、データドリブンマーケティングの未来とは
  • この度クレディセゾンが、デジタルガレージと共にプライベートDMP「セゾンDMP」をリリースした。膨大なデータを取得できるクレジットカード会社ならではの強みを活かして、マーケティング領域だけでなく、幅広いビジネス展開を狙う。今回その詳細について、クレディセゾンの磯部氏に取材した。
  • 発信元:MarkeZine
  • 2016年07月15日
  • 「○○すればするほど効果は上がる!」 菅原健一氏が語ったデータドリブンマーケティングの法則とは?
  • より効果的なマーケティング戦略立案のため、注目されているのがAI(人工知能)だ。そしてマーケティング分野でのAI活用のベースとなる考え方に「データドリブンマーケティング」がある。ところが、このデータドリブンマーケティングの本質や、その効果・展開について、あまり理解されていないという実情がある。データドリブンマーケティングの本質と、その成功法則について、2016年5月27日に開催された「マイクロソフト A.I. マーケティング パートナー戦略セミナー」内でSupership(開催当時)の菅原健一氏が語った。
  • 発信元:MarkeZine
  • 2016年06月24日
  • データとテクノロジーを制する者がマーケティングを制す~今求められる「データドリブン」の思想とは
  • マーケティング活動の最適化に向け、欠かせないのがデータドリブンの思想だ。そして昨今、データドリブンの思想を持ったマーケティングはDMPなどの普及をきっかけに更なる進化をとげたという。現在巻き起こっている変化について、広告主としても先進的にマーケティングを進める日本マイクロソフト、4月よりプライベートDMPの提供を開始したトレジャーデータ、デジタルマーケティング支援を行うSupershipの3社のキーマンが語った。
  • 発信元:MarkeZine

    次のページ »