アクセス解析:ニュース 一覧

  • 2014年12月24日
  • データ分析の結果をアクションに繋げる「資料表現術」
  • 適切なアクションにつながらないデータ分析は無価値です。「準備する」「集める」「分析する」「表現する」「伝える」の5つの品質が高いとき、適切なアクションが起こります。その中で「表現する」とは分析結果を資料としてまとめアクションへの架け橋を作ることです。今回は、「表現品質」(ステップ4:表現する)を高め、シッカリした懸け橋を作るために実施すべき3つのことについて説明いたします。
  • 発信元:Biz/Zine
  • 2014年12月16日
  • データ分析品質を高める3つのポイント
  • 適切なアクションにつながらないデータ分析は無価値です。「準備する」「集める」「分析する」「表現する」「伝える」の5つの品質が高いとき、適切なアクションが起こります。料理上手が食材の可能性を引き出すのが上手いように、分析上手はデータから価値を引き出すのがとても上手いです。今回は、データから価値を引き出し「分析品質」(ステップ3:分析する)を高め「分析上手」になるための3つのポイントについて説明いたします。
  • 発信元:Biz/Zine
  • 2014年12月12日
  • データ分析で大切な4つのこと:4. 自分の存在価値を高めるための活動の大切さ
  • 分析者という業種は環境に依存するところが非常に大きいです。大きなサービスがあるからそこに大きなデータがあり・分析需要が生まれてきます。また,IT産業が拡大し続けているからこそ「データ解析してみよう」という余裕が生まれ,開発者や企画者(=サービスを生む人)以外に分析する専門家を雇用しようとします。悪く言えば会社が傾けばまず解析者の存在が危うくなり,IT産業自体が傾けば市場価値は下がっていく傾向にあると言えます。
  • 発信元:トレジャーデータ公式ブログ
  • 2014年12月11日
  • データサイエンティストのミッション、スキルセット、定義、スキルレベルを発表
  • 一般社団法人データサイエンティスト協会およびスキル定義委員会は、データサイエンティストの「ミッション、スキルセット、定義、スキルレベル」について公開いたしました。 本内容は、本年11月27日に開催された「データサイエンティスト協会1stシンポジウム」において、スキル定義委員会より「データ社会に求められる新しい才能とスキル」として発表されたものです。
  • 発信元:データサイエンティスト協会
  • 2014年12月10日
  • データ分析で大切な4つのこと:3. 一人で全部背負わない事の大切さ
  • このブログで何度も何度もお話してきましたことですが,一口に分析といっても,それはログ収集から可視化までの様々なレイヤーを下から積み上げていかないといけません。 もしも分析者がそれを一人で全て担うとしたら,これは大変なことです。
  • 発信元:トレジャーデータ公式ブログ
  • 2014年12月02日
  • データ分析で大切な4つのこと:1. 「当たり前の結果」をたくさん出す事の大切さ
  • ここ数年,データの大量な蓄積とそれに対する分散並列処理が可能な環境が成熟してきました。元々はデータの蓄積やバッチの効率化といった分析バックエンド(プラットフォーム)の方にフォーカスがあてられてきましたが,やっとその先のデータ」「分析」というところ,そしてその役割を果たすデータ分析者の重要性が理解されるようになってきているように感じています。 このブームは分析者にとって非常に喜ばしいことでもあると同時に,大きなプレッシャーにもなっているような気がします。
  • 発信元:トレジャーデータ公式ブログ
  • 2014年11月28日
  • データドリブンマーケティングが求める意識改革
  • 私たちは今、大きな変革期を迎えつつあります。企業はデータを基にビジネス判断を行う「データドリブンな意思決定」から、データを基に自動的にビジネス判断が行われ、施策が実行される「データドリブンな決定」への変化を求められています。この2つには、あまり違いがないように思えますが、およそすべてのマーケターと企業に影響を与え、大きな躍進をもたらすでしょう。
  • 発信元:CNET Japan
  • 2014年11月28日
  • いま必要なのは「アナリティクスアプローチ」、ビッグデータ活用の課題とこれから
  • インターネットの普及とIT技術の進化によって、ビッグデータを蓄積できる環境が整い、マーケティング活用への準備は整いつつある。実際にDMPを用いてのビッグデータ解析を始めている企業も多いだろう。  この連載では今後マーケターがどのようにビッグデータを活用したらよいか、データサイエンティストの立場から具体的事例を交えて解説する。第1回目は事例紹介の前に把握しておくべきビッグデータ活用の現状と課題、今後の目指すべき方向性を解説する。
  • 発信元:MarkeZine

« 前のページ         次のページ »