アクセス解析:ニュース 一覧

  • 2016年06月20日
  • JALとユーキャンがデータ統合で乗り越えた「部門」「データ」「予算」の壁
  • 社内の複数の事業部がもつデータを統合して活用していくには、情シスやマーケの担当者だけでは壁に突き当たってしまう。なぜなら目先のデータしか見ていないからだ。まずはデータの周囲や奥に目を向けてみよう。壁がよく見えれば、乗り越える方法が見えてくるはずだ。
  • 発信元:Web担当者Forum
  • 2016年02月16日
  • 分散化したものの、曖昧な指標に困惑するパブリッシャーたち
  • 多くのパブリッシャーは、先を争うように、Facebookなどリーチする力の強いプラットフォームを利用した、コンテンツ配信に乗り出してきた。 そしていま、パブリッシャーはそれぞれのプラットフォームの、混在したいくつもの異なる指標を読み解いて、オーディエンスを定量化する方法を見つけだす必要に迫られている。サードパーティによる単一の基準は存在せず、フィードバックの頻度はプラットフォームごとに異なり、露出の定義もバラバラだからだ。
  • 発信元:DIGIDAY
  • 2015年03月10日
  • 技術を理解できないマーケッターはもういらない
  • 先週になって、米市場調査会社のeMarketerから『2015年のマーケティング・テクノロジーにおけるブランドおよびエージェンシーにとって重要な9つのトレンド』と題されたリポートが発表された。既に3月に入った今、このタイトルだけを見ると「いまらさ感」を強く感じてしまうかもしれない。だが、これは単なる業界のトレンド解説ではない。
  • 発信元:ITpro
  • 2015年02月27日
  • 三井住友カードのデジタルマーケティングを支える組織とは?(上)
  • 三井住友カードは、2012年から2013年にかけてAdobeのソリューションを導入し、トップページやカード入会サイトのリニューアルなど、データに基づいた仮説の組立てやテストの実施を行い、積極的にデジタルマーケティングに取り組んでいます。 今回は、三井住友カードのデジタルマーケティングを支える、ネットビジネス事業部 佐々木丈也部長に、デジタルマーケティング躍進の裏側にある、組織にあった出来事や考え方について聞きました。
  • 発信元:AdverTimes
  • 2015年02月10日
  • 「マーケティングオートメーション」が浮き彫りにする皮肉な課題
  • 2~3年ほど前から、海外での取り組みが紹介されることで、日本でも徐々に語られる機会が増えた「マーケティングオートメーション」。先週、米調査会社eMarketer(イーマーケッター)が発表したレポートによれば、今年を境に、これまで以上に広く企業に普及し始めそうだ。
  • 発信元:ITpro
  • 2015年01月27日
  • データ分析の成否はボトルネック・ファインディング
  • 適切なアクションにつながらないデータ分析は無価値です。「準備する」「集める」「分析する」「表現する」「伝える」の5つの品質が高いとき、適切なアクションが起こります。上手くいかないとき、5つの品質のどこかに問題があります。そして、どこの品質に問題があるのかを知ることは重要です。知ることで改善できるからです。本連載の最終回になります。今回は、5つの品質の典型的なボトルネックのパターンについて説明いたします。
  • 発信元:Biz/Zine
  • 2015年01月16日
  • 年間4億のPOSデータを分析し始めたすかいらーくの2015年
  • 年間4億のPOSデータをクラウド上で分析し始めたすかいらーく。その立役者とも言える神谷勇樹氏が進めてきた「売るためのIT」は果たしてどのような効果をもたらしたのか? そして次のチャレンジとは? 1月21日に開催するITACHIBAのイベントに先だって話を聞いてきた。
  • 発信元:ASCII.jp

    次のページ »