アクセス解析:書籍 一覧

  • 2017年01月24日
  • 新指標GAPと無意識の測定はテレビCMをどう変える?
  • テレビCMはこれまで、投下量しか測定できませんでした。しかし今、視聴者の視線を測定でき、新たな指標GAPで実際の広告効果がわかるようになったのです。今回、GAPがテレビCMをどう変えていくのかを解説した翔泳社の新刊『届くCM、届かないCM』の著者である横山隆治さん、大橋聡史さん(ともにデジタルインテリジェンス)、川越智勇さん(TOMOGRAPH)にお話をうかがいます。
  • 発信元:MarkeZine
  • 2016年08月26日
  • 『統計学が最強の学問である[ビジネス編]』 序章 「センス」と「事例」で分析をするな(1)
  • ベストセラー『統計学が最強の学問である』『統計学が最強の学問である[実践編]』の著者・西内 啓氏が、9月中旬に待望の新刊『統計学が最強の学問である[ビジネス編]』を発表します。ダイヤモンド・オンラインでは、この書籍の発売に先駆け、『ビジネス編』の一部を特別に先行公開。ビジネスパーソンに必要な「統計力」の磨き方について、ヒントをお伝えします。
  • 発信元:DIAMOND online
  • 2016年07月26日
  • お客さまを主語にしたアナリティクスの進化――インサイトからフォーサイトへ
  • お客さまを主語にしたアナリティクスの進化についても少し触れておきたい。そもそも、ビッグデータとアナリティクスはよく混同して使われることが多いが両者は別物である。ビッグデータとは事実を表す指標にすぎない。ビッグデータは、どのように分析するかを示すアナリティクスと組み合わせることで初めて企業のマーケティングツールになりうる。つまりビッグデータ単体では企業に価値をもたらすことはできない。ビッグデータが潜在的に持つ価値を引き出すには、アナリティクスの重要性を企業側が深く理解し、どんな分析手法や分析アルゴリズムを使うかを検討することが必要になる。
  • 発信元:Web担当者Forum
  • 2016年06月13日
  • 『マーケティングのKPI 「売れる仕組み」の新評価軸』を上梓しました
  • このたび、日経BP社より『マーケティングのKPI 「売れる仕組み」の新評価軸』を上梓いたしました。 現在、マーケティング関連の書籍は多く出版されていますが、リードをベースにした評価軸や、全体マネジメントの視点から体系的にKPIを整理した参考書がなかったため、今まで培ったノウハウを1冊にまとめました。
  • 発信元:Nexal
  • 2015年08月19日
  • データ分析の入門書にオススメな本11冊
  • データ分析がビジネスシーンで注目を集めています。本記事では、なぜデータ分析がここまで注目を集めたのか、どういう考え方でどう進めれば良いのかなど、広く分野をカバーすることを目的としておすすめ書籍をまとめてみました。
  • 発信元:カグア!
  • 2015年03月24日
  • Googleアナリティクスのおすすめ書籍「できる逆引き~」は神本の域
  • ユニバーサル アナリティクス、タグマネージャーにも対応した最新のGoogleアナリティクス本が登場しました。おすすめの1冊に仕上がっています。 Googleアナリティクス公式ヘルプフォーラムNo1アンサリストである木田氏が書かれた、2015年3月現在もっとも新しくて最新、かつ、使い方からタグマネージャー、さらにはEXCELや他ツールとの連携、TIPSなど、もっとも詳しい書籍が登場です。
  • 発信元:カグア!
  • 2015年02月25日
  • 『LEAN ANALYTICS』進化したスタートアップ手法
  • 『LEAN ANALYTICS スタートアップのためのデータ解析と活用法』(アリステア・クロール、ベンジャミン・ヨスコビッツ著 角征典 訳)は、スタートアップ・ベンチャーだけでなく、企業や組織内のイノベーターにとっても有益な、ビジネスを駆動させるためのアナリティクスの要点を網羅的に解説しています。
  • 発信元:Biz/Zine

    次のページ »