広告効果測定 一覧

  • 2017年08月09日
  • 年々コスト効率が悪化するオンライン広告~企業が取るべき打ち手は?
  • 言うまでもないことだが、企業がオンライン上でマーケティングコミュニケーション活動を展開するに当たって、オンライン広告は必要不可欠な存在である。そして今や、オンライン広告は、「オンライン広告」という言葉でくくるには、あまりにも多様化している。
  • 発信元:ITproマーケティング
  • 2017年02月23日
  • AdWords の「来店コンバージョン」から見えてくる広告の未来
  • 運用型広告の世界では、オンラインでの広告配信がオフラインの行動にどのような影響を及ぼしているかを計測することが長年の課題でした。インターネット広告の黎明期から、センサーやビーコンなど様々な技術を駆使して試行錯誤が進められてきました。近年では、モバイルデバイスの普及によって、これまでよりも手軽にオフライン行動を計測することが可能になり、日進月歩で進化が加速しています。
  • 発信元:Unyoo.jp
  • 2017年02月02日
  • <特別鼎談>2017年、広告界の共通キーワードは「クオリティ」の定義と指標化
  • ニューバランス ジャパン・鈴木健さん、スマートニュース・藤村厚夫さん、電通・並河進さん。 「アドタイ」の人気コラムニストであり、広告主・メディア・広告業という異なる立場で広告界に携わる3人が一堂に会し、 それぞれの専門領域について2017年度に目指すべきゴールを提案するとともに、 互いに連携できる・連携すべきポイントはどこにあるのか 、徹底議論しました。
  • 発信元:アドタイ
  • 2017年02月01日
  • デジタル広告のキソ 「コミュニケーション」と「調査分析・戦略立案」
  • 企業でマーケティングや販促を担当している方を対象に、いまさら聞けないデジタル広告の基本スキルや自社のデジタル広告運用を円滑に進めるための方法を、連載形式で解説します。第1回は、生活者とのコミュニケーションの全体像を理解し、調査分析・戦略立案を行う際の考え方についてです。
  • 発信元:MarkeZine
  • 2016年10月26日
  • なぜ浸透しない?日本企業が抱えるアトリビューション分析の課題とは
  • ネット広告の効果測定の手法として一時期注目を集めたアトリビューション分析。ただ、日本のマーケティングの現場ではまだ普及しているとは言い難い。本連載では、日本とアメリカのアトリビューション分析の現状を明らかにし、企業が活用する上で必要な考え方を解説する。今回は日本の現状と課題を探った。
  • 発信元:MarkeZine
  • 2016年10月14日
  • 【事例紹介】掲載位置によるクリック率とCV率の違いを調べてみた
  • こんにちは、古田です。今回も前回に引き続き、広告の掲載位置についての記事です。 広告の掲載位置によってクリック率やCV率は大きく変わってきます。運用の際には商材毎にクリック単価やCPAを加味して適切な掲載位置を見極める必要がありますが、ざっくりと商材毎にどれくらいクリック率やCV率が違うのか気になったので調べてみました。
  • 発信元:カルテットコミュニケーションズ
  • 2016年09月16日
  • マイクロモーメントを捉える「時間帯別 詳細分析」
  • 生活者のモバイル利用が進むに従い、時間と場所を問わず情報にアクセスすることは当たり前になりました。朝、通勤時の電車の中で。昼、同僚や友人とご飯を食べながら。午後、外出中に歩きながら。夜、寝る前に。スマホを片手に必要な情報に接する人々の姿があります。 このことは、1 日の検索ボリュームの時間帯別推移にも見てとることができます。
  • 発信元:Google AdWords 公式ブログ
  • 2016年09月16日
  • iOS10リリースにおける広告効果計測への影響について
  • 日本時間の本日より、iOS10のアップデートが開始されております。 様々なアップデートがございますが、「追跡型広告を制限(Limit Ad Tracking)」する機能がiOSにおいて強化されることにより、スマートフォンにおける広告効果計測に影響が出ます。
  • 発信元:CyberZで働く開発担当役員のブログ

    次のページ »