メールマガジンコラム 一覧

  • 2017年03月01日
  • ALBERT 浜田 和美
  • 【メルマガコラム】IoTの活用例と目的志向で考えたいIoTデータ
  • 発信元:メールマガジン2017年3月1日号より ALBERT 浜田 和美 ALBERT 浜田 和美
  • 最近IoT関連に触れる機会が多いため、今回はIoTを題材にしたいと思います。

    IoTはInternet of Thingsの略で「モノのインターネット」を指すということは、今やご存知の方がほとんどでしょう。ガートナー社の発表によりますと、2017年は世界の総人口より約10億多い、約84億台のモノがインターネットと接続し、2020年までに204億台に達する見込みです。

  • 2017年02月15日
  • 大内 範行
  • 【メルマガコラム】ハンス・ロスリングに寄せて
  • 発信元:メールマガジン2017年2月15日号より a2i代表 大内 範行 a2i代表 大内 範行
  • コラムを書く時、題材を探すのに苦労することがあります。そんな時は正直、少し憂鬱になります。今回のコラムはデータビジュアライゼーションについて書こうか、と通勤電車の中で考えながら、ネットを検索していたりします。
    2017年はデータビジュアライゼーションのツールが少し賑やかになりそうです。そう思う一方で、どのツールを選ぶか、という点は本質的な話ではない、などと考え始めます。
    電車の中で「そういえばTEDのプレゼンにも幾つか、データビジュアライゼーションのいい材料があったな」などとぼんやりと考えはじめます。

  • 2017年01月25日
  • ALBERT 浜田 和美
  • 【メルマガコラム】オススメ表示の引き算
  • 発信元:メールマガジン2017年1月25日号より ALBERT 浜田 和美 ALBERT 浜田 和美
  • 最近レコメンド関連の業務に携わる機会が多くありましたので、改めて「レコメンデーションとは」について考えていました。

  • 2017年01月18日
  • 衣袋 宏美
  • 【メルマガコラム】データに右往左往する豊洲移転問題に学ぶべきは「DMAIC」の考え方
  • 発信元:メールマガジン2017年1月18日号より 衣袋 宏美 衣袋 宏美
  • 豊洲市場の第9回目の地下水モニタリング調査で、地下水から環境基準値を大幅に超える有害物質が検出され、事態は混沌とした様相になってきました。移転問題に関して何かを意見しようという意図は全くないのですが、非常に示唆の多い事例だと思うので取り上げたいと思います。

  • 2017年01月11日
  • Rejoui 菅 由紀子
  • 【メルマガコラム】企業によるデータ公開への期待
  • 発信元:メールマガジン2017年1月11日号より Rejoui 菅 由紀子 Rejoui 菅 由紀子
  • 2016年は「人工知能/AI」がバズワードとなり、大きく取り沙汰された1年でした。過去の様々なワードが話題となったとき以上に、世間の期待が先行し言葉に対する誤解が著しいと感じることが多くありました。それらについては昨年末、ガートナージャパンから非常によく整理された情報がリリースされていました。ご覧になった方も多いかと思いますが、改めてご紹介しておきます。
    ガートナー、人工知能 (AI) に関する10の「よくある誤解」を発表

  • 2016年12月21日
  • 大内 範行
  • 【メルマガコラム】自動化とリアルな肌感覚 二つの対極な分析トレンドに注目
  • 発信元:メールマガジン2016年12月21日号より a2i代表 大内 範行 a2i代表 大内 範行
  • 2016年最後のa2i のメルマガコラムとなりました。1年が早いです。

    今年もっとも注目されたキーワードは「機械学習」でした。
    a2iの2016年最後のセミナーは、アルベルト青木健児氏による「機械学習の基礎と活用最前線」でした。
    機械学習の理解とデータ分析への活用事例を体系的にまとめた、とてもわかりやすい講義でした。第二回があればおすすめです。

  • 2016年12月14日
  • いちしま 泰樹
  • 【メルマガコラム】誰かの天井は、他の誰かの床である
  • 発信元:メールマガジン2016年12月14日号より 真摯 いちしま泰樹 真摯 いちしま泰樹
  • KPI管理、主要なビジネス指標の把握の方法は、各社で異なるものです。ですので、一律で「このレベルのツールがスタンダード」「このツールを使っているようではレベルが低い」という議論は違うのでは?というお話。

  • 2016年12月07日
  • ALBERT 浜田 和美
  • 【メルマガコラム】位置情報サービスの動向とデータの活かし方
  • 発信元:メールマガジン2016年12月7日号より ALBERT 浜田 和美 ALBERT 浜田 和美
  • 従来から位置情報を用いたサービスに対する需要は強くありましたが、近年は供給する側のサービスや企業が加速度的に増えています。
    特にこの数年は広告分野において動きが活発です。今年だけでも各広告配信ベンダから多数の関連サービスがリリースされております。サイバーエージェント社は11月に位置情報を用いた広告活用に特化した専門部署を立ち上げるなど、益々位置情報サービスへの注目度が高まっております。

« 前のページ         次のページ »