【受付終了】特別セミナー「チャットや機械学習を活用した新たな顧客コミュニケーションとその分析手法」(2017/6/14)

2017年6月14日(水)に開催するセミナーは、これまでのデータ分析とはちょっと違うテーマを取り上げます。チャットやチャットボット、機械学習などを活用した新しい顧客コミュニケーションについて、その取り組みとデータ分析、成果についてお話しいただきます。題名は「チャットや機械学習を活用した新たな顧客コミュニケーションとその分析手法」。先進的な取り組みですが、顧客コミュニケーションを大きく改善するブルーオーシャン的なエリアでもありそうです。

コミュニケーションの主役がスマートフォンになり、新たな顧客コミュニケーションの試みがはじまっています。リアルタイムでのチャットなどによる消費者コミュニケーションや、機械学習の活用も進んでいます。これまでのウェブ中心のアクセス解析とは大きく違っています。先進的な消費者コミュニケーションとその進化について、今回は、トランスコスモス株式会社の益村 勝将 氏、DataRobot, Inc.のシバタ アキラ 氏をお招きし、新しいコミュニケーション事例や研究事例を題材にデータの特徴や分析方法を解説していただきます。

本セミナーはどなたでもご参加いただけます。

セミナー・イベント名

特別セミナー「チャットや機械学習を活用した新たな顧客コミュニケーションとその分析手法」

開催日時

セミナー・イベント内容

「これからはデータ分析が重要だ」。一昔前に比べて経営の中でデータ分析はずいぶんと当たり前の業務になってきました。一方、早めにデータ蓄積が進んでいた顧客データや購買データ、アクセスログ、広告データ等は頻繁に分析対象にされ、ずいぶん見慣れたデータになってきてしまいました。そろそろアナリストが片手間に分析したぐらいではエライ人に「そんなの知っている」とガッカリコメントをもらってしまうことも増えてきたころではないでしょうか。

一方、世の中に目を向けると日本のスマホ人口は5,500万人を突破し、消費者のデジタル化は急速に進んでいます。また消費者のデジタル化にあわせて先進的な企業の消費者コミュニケーションも進化しています。実は、この新しいコミュニケーションデータは、アナリストにとってまだ誰の手垢もついていない新天地で、社内一番乗りの新発見を見つけられるかもしれない“都会の鉱山”なのです。

本セミナーでは、仲間のアナリストとちょっと差をつけたい開拓者魂にあふれるアナリストの方を対象に、デジタルとリアルをつないだ新しいコミュニケーション事例や研究事例を題材にデータの特徴や分析方法を解説します。

またこういった分析や施策へのフィードバックのためには、大量のデータをリアルタイムで活用していくための技術として機械学習の技術が欠かせません。そこで第二部では、データ分析のインフラとしての機械学習の活用法についても併せて語って頂きます。

第一部:新たな顧客コミュニケーションとその活用と分析
益村 勝将 氏(トランスコスモス株式会社

・身近なデータと「そんなの知っている」の恐怖
・コミュニケーションが差別化を生む時代
・新しいコミュニケーションデータは“都会の鉱山”
   ▼リアルタイム対話で売上13%アップ(チャットコミュニケーション)
   ▼次世代コンタクトセンターでコストper満足50%改善(チャット/Bot活用)
   ▼顧客の声(VOC)から行動確率を予測する(自然言語解析)
   ▼Pepperによる瀬戸内豊島ロボティクスマーケティング
   ▼「オデムカエ」と「オモテナシ」函館市IoTセンサー社会実験
・可視化で終わりはもったいない 分析をビジネスに近づける方法

第二部:機械学習の自動化エンジンDataRobotがデータ活用による価値創出を別次元に進める
シバタ アキラ 氏(DataRobot, Inc.

データは溜める時代から活用する時代へと移り変わりつつあります。今まで経験と勘で行ってきた自社の専門的な意思決定を人工知能を使って自動化することにより、今までには考えられなかったような業務の効率化を実現する企業も激増しています。一方で、「まずはデータを溜めてから始めよう」では蓋を開けてみたときに残念な結果になるケースも散見されます。
早期から活用を見据え、予測分析を実施しながらデータ戦略を立案し、データ・分析インフラの見直しを行うことで、今後の自社データ活用による価値創出を別次元に進めることができるでしょう。

・なぜ今機械学習によるデータ活用が注目されるのか
・どうやれば機械学習で成果を出せるのか
・機械学習の導入における、よくある失敗パターン

講師

益村 勝将 氏 トランスコスモス株式会社 益村 勝将 氏(トランスコスモス株式会社 デジタルマーケティング・EC・コンタクトセンター統括 事業推進本部 副本部長 兼 トランスコスモス・アナリティクス 執行役員)
トランスコスモス株式会社にて新サービスの企画開発およびデータマネジメント事業に長年従事。2012年トランスコスモス・アナリティクス株式会社設立に参画。2016年よりネット広告事業、WEBインテグレーション事業、EC事業、コンタクトセンター事業の大規模な事業統合を機に、マーケティングからカスタマーケアまで企業コミュニケーションのデジタル化および統合データマネジメントのプランニングに従事。
<近年の実績>
・2020年に向けた多言語対応(2016年、東洋経済新報社「Think!別冊No8 未来型ビジネスプロセス」)
CROSS2013 活躍するデータサイエンティストの人材像(2013年、パネリスト)
ダブルファネルマーケティング(2012年、リックテレコム社、監修)
 

シバタ アキラシバタ アキラ 氏(DataRobot, Inc. データサイエンティスト)
人工知能を使ったデータ分析によるビジネス価値の創出が専門分野。世界のトップデータサイエンティストが働くDataRobot, Inc.にて、データサイエンティストとして日本マーケットの技術部門を統括。NYU研究員時代に加速器データの統計モデル構築を行い「神の素粒子」ヒッグスボゾン発見に貢献。その後ボストン・コンサルティング・グループでコンサルタント。自然言語処理技術を応用したニュースキュレーションアプリ「カメリオ」を提供する白ヤギコーポレーションCEOを経て現職。PyData.Tokyoオーガナイザー。

参加資格および参加費

会員種別 参加可否 参加費
法人会員 参加できます 無料
有料個人会員 参加できます 2,000円(税込)
無料会員、一般 参加できます 5,000円(税込)

 

定員・申込期限

90名
※お申込み順で、定員になりましたら締め切らせていただきます。
※キャンセル待ちはございません。

会場

ビービット5階 セミナールーム
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル

都営新宿線「市ヶ谷駅」A4出口徒歩1分
JR「市ヶ谷駅」徒歩4分
東京メトロ有楽町線、南北線「市ヶ谷駅」A1-1出口徒歩4分

JR市ヶ谷駅からセミナー会場への道順はこちら(PDF)
ビービット5階 セミナールームへはこちら(PDF)

注意事項

※都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合がありますので、ご了承願います。
※災害・事故等の不可抗力な事情、また講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止、または内容・時間を変更させていただく可能性がございます。
その際は、ホームページ、Facebook、Twitter等で告知し、お申込みのメールアドレスにご連絡申し上げます。セミナーご参加の前に、必ずご確認いただくようお願いします。

よくあるご質問

申込は会員種別に、下記のEventRegist(イベントレジスト)からお願いします
本イベントは、申込受付にイベントレジストのシステムを利用しています。お申込み前にイベントレジストの会員登録(無料)が必要となります。なお、過去にイベントレジストの会員登録を済ませている方は、新規会員登録の必要はございません。

申し込みは終了しました。

  • あなたも参加しませんか?

アナリティクス アソシエーションの無料会員にご登録いただければ、開催するセミナーやイベントの情報や活動報告、業界の関連ニュースなどを、いち早くあなたにお届けできます。

現在の会員数合計: 6,411 名

※上記は有料会員、無料会員、有料参加者の合計です。