【活動報告】小川卓氏の出版記念特別講演(10/6)

10月6日、アクセス解析イニシアチブにもご協力を頂いている小川さんの出版記念講演が行われました。ウェブアナリスト養成講座と同様、じっくり話を伺う形式で、内容は 『「レポート単位」ではなく「業務要件」に基づいた30のウェブ分析手法』です。

何のための「ウェブ分析」なのか。過去のデータを分析して現在を可視化し、サイトの未来を変えることが目的だと小川さんは語ります。そしてそれは3つのC、「Company」「Client」「Customer」のためであり、できるだけ数字化、なるべく金額換算して、数字を元にお互いが会話できるようになることが大切であるとのことです。

また、サイトのゴール達成のために必要な条件や数字から業務要件を明確化し、レポートありきではなく業務要件ありきで分析していかなければならないと説きます。

そこからは、業務要件に基づいた30もの分析手法を展開。具体的な事例や、Google Analyticsを用いた実際の分析方法を交えつつ、多岐にわたる手法を提示していただきました。集客や導線の側面、またサイト外のデータの活用方法などもあり、参加された方々にとっても今後の取り組みの大きなヒントになったのではないでしょうか。