【メルマガコラム】「誰に」「何を」期待しているのか

いちしま 泰樹 発信元:メールマガジン2017年5月31日号より 真摯 いちしま泰樹

「誰に何を期待しているのか」を意識することは大事です。

マーケティングの命題「誰に何をどのように売るのか」が川下に降りてきて、施策レベルでより具体的に意識しなければならないことが「誰に何を期待しているのか」だと、私は理解しています。

ウェブでの取り組みでは、「誰に」がターゲット層で、「何を」がコンバージョンやアクションに該当すると思います。しかし、施策を行う際に成果の「コンバージョン」への意識は皆さん必ずありますが、「どういう人に対して」については掘り下げないまま、あるいは検証が大雑把なことがあるように感じます。

両方そろって「誰に」「何を」期待しているのか、ですよね。

その施策は、新規ユーザーに向けてのものでしょうか、常連層に向けてのものでしょうか、常連層にあと一押しでなりそうな人に向けてのものでしょうか。

その施策は、どのステータスの会員向けでしょうか、その人たちはいまどんな気持ちでそのサイトやブランドに接しているのでしょうか。

それらをちゃんと定義した上で、広告施策やDMP活用やA/Bテストといった施策でターゲティングしなければいけませんし、分析の際にもセグメントしなければいけません。

どうですか? 効果検証の際も「誰に向けて」を意識していますか?

例えばA/Bテストでも、どのようなテストを行うのかは必死になってアイデアを考える一方で、そのテストをどういう人に対して行うのかはおろそかになりがちです。ターゲティングを行わずにユーザー全員を対象にテストを行うのと、「新規ユーザー」「特定のCookie値を持っているユーザー」などとターゲティングするのとでは、結果が変わってきます。

施策を行う際にしっかりユーザー像の定義をし、分析の際も「誰に向けて」を意識すること、ターゲティングとセグメントの精度が上がれば、施策も結果が出やすく、改善点もより明確になります。ぜひ意識しておいてください。


★メールマガジンのバックナンバーはこちら