【メルマガコラム】5年後のアナリティクス

いちしま 泰樹 発信元:メールマガジン2017年4月12日号より 真摯 いちしま泰樹

アナリティクス アソシエーションは10年目を迎え、記念の特設ページも公開されました。
【特設ページ】2017年、アナリティクスアソシエーションは、10年目を迎えました

その特設ページでは、アナリティクス アソシエーションゆかりの方々から「5年後のアナリティクス」というテーマで短いメッセージをいただいています。

ぜひご覧いただければと思うのですが、実は皆さん、違う表現ながら非常に似た内容をおっしゃっています。自動化、AI、IoT、分析の前後がより重要になるはず、むしろ分析なんかじゃなくその先を取り組みたいのだ、云々......。

そのような内容をいただけるのではと少し期待して、「5年後のアナリティクス」というテーマでメッセージを依頼したというのもあります。

さて、その未来の萌芽は少しずつ出ていますし、皆さんも感じ取っていらっしゃるのではないでしょうか。

たとえば、多くの方々が利用されているGoogleアナリティクス。AndroidやiOSのアプリでは「アシスタント」という機能が利用でき、機械学習で抽出された「発見と提案」のメッセージを確認できます。

自社関係のサイトや私個人のサイトでいくつか見てみますと、このような内容が表示されていました(実際には英語です)。

・先週、新規ユーザーが○○%増えましたよ。PCの自然検索経由の増加が影響していますよ
・いくつかのランディングページで先月CVRが下がってますよ。もし○○してないのなら○○を確認してみては?
・先月、サイト内検索の利用が○○%増え、キーワードAとキーワードBがこれだけ増えましたよ。もし○○ならサイトやページのオファーをそれに合わせてみては?

すでに知っている情報もありますし、取るに足らない内容もあります。能動的に知りたい情報というよりも、どちらかといえば受け身の情報です。

しかし、新たな発見もありますし、人によっては有益な情報もあるでしょう。何より、普段のモニタリングではなかなか気が付かない情報を自動で抽出してきて、かつ「もしこうなら、こうしてみては?」と簡単な提案内容を含むことがあるのです。

2017年、Webサイトのアナリティクスはここまできました。一部は、10年前から(そしていまも)人間が取り組んできた内容かもしれません。

ちょうど昨今、グーグルやマイクロソフトによる翻訳アプリが、そのリアルタイム性と品質で話題です。5年後どうなっているかを想像すると、ちょっとわくわくします。

そして、5年後のアナリティクスもどうなっているでしょうか? あなたはどの領域でどのような仕事をしているでしょうか?

【特設ページ】2017年、アナリティクスアソシエーションは、10年目を迎えました


★メールマガジンのバックナンバーはこちら