【活動報告】ウェブアナリスト養成講座 第11回「ツールの選定と要件定義」

2011年9月7日、アクセス解析のプログラム「ウェブアナリスト養成講座」第11回が行われました。講師は株式会社クリエイティブホープ代表の大前創希氏、内容は「ツールの選定と要件定義」です。

a2i 養成講座風景a2i 養成講座風景a2i 養成講座風景a2i 養成講座風景


前半は、KPI設定の基礎とその考え方についてでした。冒頭で参加者に向けて、各自のビジネスでのKPI設定の有無やビジネスへの影響など質問を投げかけた上で、KPI設定には「ビジョン」が不可欠と説きます。Webサイトはビジョンドリブンであり、中期戦略の上層にあるビジョンの到達のために、具体的なところまで落とし込むのがKPIだとします。そしてそのビジョンへのロードマップを引いた上で、目的・目標・KPIは随時見直していかなければならないとします。

具体的にどのようにKPIに落とし込むのか、大前氏が手掛けたいくつかの事例を挙げながらの説明もありました。

中盤に、具体的にある企業を取り上げ、その企業サイトに掲載されているビジョンとWebサイトを参照させながら、参加者にKPIを設計させるワークが行われました。ワークを踏まえて、参加者は自分たちのサイトのKPI設定に対するヒントが得られたのではないでしょうか。

後半、解析ツールの選定とパートナー選定についての話では、パートナー企業の選ぶ視点、その中でも担当する人を見分ける視点、それらを踏まえた上でやらなければいけない点など、具体的な話が提示されました。結びの言葉として、「ヒト、カネ、ビジョン」の3つのキーワードの連携を挙げた上で、「業績とWebサイトを社内にわかりやすく情報提供すること」がWeb担当者のミッションである、と締めくくりました。