【受付終了】ウェブアナリスト養成講座「コンセプトダイアグラムをウェブビジネスの改善に役立てる ~定例レポートへの落とし込みまで~」(2016/6/15)

2016年6月15日(水)に、ウェブアナリスト養成講座「コンセプトダイアグラムをウェブビジネスの改善に役立てる ~定例レポートへの落とし込みまで~」を開催します。今回は有料会員限定セミナーです

2015年3月からフリーで、3社にて分析最高責任者としてコンサルティングに従事する小川 卓 氏をお招きし、コンセプトダイアグラムに基づいて定例レポートを作成する方法について講演して頂きます。

[題名]コンセプトダイアグラムをウェブビジネスの改善に役立てる ~定例レポートへの落とし込みまで~

[講師]小川 卓 氏(UNCOVER TRUTH / Faber Company Chief Analytics Officer)

セミナー・イベント名

ウェブアナリスト養成講座「コンセプトダイアグラムをウェブビジネスの改善に役立てる ~定例レポートへの落とし込みまで~」

開催日時

セミナー・イベント内容

ユーザー視点でユーザーの行動や気持ちを視覚化して理解をする方法を目にすることが多くなりました。今回はその一つであるコンセプトダイアグラムを取り上げます。実際どのように活用していけばよいのかを学んで頂ければと思います。

コンセプトダイアグラムを作成する簡単なワークショップも用意。実践型のセミナーを実施させていただきます。

第一部 : コンセプトダイアグラムの作り方とそのポイント
ユーザー視点のコンセプトダイアグラムを作成するべき理由と、その作成方法、簡単なワークショップを行います。そして実際の作成例なども紹介します。

第二部:コンセプトダイアグラムから導かれたKPIによる定例レポート作成法
コンセプトダイアグラムによって明らかになった重要なページや態度変容ポイントのKPI化、それをどのように実際のレポートフォーマットに落とし込むかを、事例や解析ツールでの設定方法も交えて紹介いたします。

講師

小川卓 小川 卓 氏(UNCOVER TRUTH / Faber Company Chief Analytics Officer)
マイクロソフト・ウェブマネー・リクルート・サイバーエージェント・アマゾンジャパンでウェブアナリストとして勤務。2015年3月よりフリーに。年間50回以上の講演を行う傍ら、3社にて分析最高責任者として、コンサルティングに従事。

主な著書に「ウェブ分析論(ソフトバンクリエイティブ社)2010年・2012年(改訂版)」 「ウェブ分析レポーティング講座(翔泳社)2012年」「ウェブサイトの分析・改善の教科書」など。デジタルハリウッド大学大学院客員教授。

参加資格および参加費

会員種別 参加可否 参加費
法人会員 参加できます 無料
有料個人会員 参加できます 3,000円(税込)
無料会員、一般 参加できません ---

 

定員・申込期限

90名
※法人会員のお申込みは、当セミナーは1社あたり5名様までとさせていただきます。
※お申込み順で、定員になりましたら締め切らせていただきます。
※キャンセル待ちはございません。

会場

ビービット5階 セミナールーム
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル

都営新宿線「市ヶ谷駅」A4出口徒歩1分
JR「市ヶ谷駅」徒歩4分
東京メトロ有楽町線、南北線「市ヶ谷駅」A1-1出口徒歩4分

JR市ヶ谷駅からセミナー会場への道順はこちら(PDF)
ビービット5階 セミナールームへはこちら(PDF)

注意事項

※都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合がありますので、ご了承願います。
※災害・事故等の不可抗力な事情、また講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止、または内容・時間を変更させていただく可能性がございます。
その際は、ホームページ、Facebook、Twitter等で告知し、お申込みのメールアドレスにご連絡申し上げます。セミナーご参加の前に、必ずご確認いただくようお願いします。

よくあるご質問

申込は会員種別に、下記のEventRegist(イベントレジスト)からお願いします
本イベントは、申込受付にイベントレジストのシステムを利用しています。お申込み前にイベントレジストの会員登録(無料)が必要となります。なお、過去にイベントレジストの会員登録を済ませている方は、新規会員登録の必要はございません。

申し込みは終了しました。

  • あなたも参加しませんか?

アナリティクス アソシエーションの無料会員にご登録いただければ、開催するセミナーやイベントの情報や活動報告、業界の関連ニュースなどを、いち早くあなたにお届けできます。

現在の会員数合計: 6,394 名

※上記は有料会員、無料会員、有料参加者の合計です。