【活動報告】ウェブアナリスト養成講座 第13回 「リード獲得系サイトにおける目標設定とKPI」

2011年12月14日、アクセス解析のプログラム「ウェブアナリスト養成講座」第13回が行われました。講師は株式会社パワー・インタラクティブの遠藤美加氏、内容は「リード獲得系サイトにおける目標設定とKPI」です。

a2i 養成講座風景a2i 養成講座風景a2i 養成講座風景a2i 養成講座風景


前半は、リード獲得系サイトの測定指標を、いかにして設計していくかという内容でした。遠藤氏は、ウェブ上での集客から実際の現場での受注までを5つのプロセスに分け、各施策をそのプロセス上にシナリオを組み立てていく「マップ化」という手法を提示。その各ステップの遷移の割合の評価指標(クリック率、誘導率、フォーム転移率、提案率、受注率など)に対応する形で、対策内容がおおむね決まってくるとします。

広告によるROI重視モデルといったサイトを例とした課題も出され、参加者はそのサイトの問題点やポイントの抽出を行うワークも実施されました。参加者による多様な見方も共有し、KPIを元にした問題の発見の方法のヒントも得られたのではないでしょうか、

後半では、バランストスコアカードの視点を用いたKPIの関係性のマネジメントの方法と具体的な落とし込み方、戦略から評価指標にどう落とし込むかといった考え方を提示されました。概念的な内容ではあったのですが、中規模企業からのリード獲得モデルといった具体的なケース別に、サイトの戦略設計からどういった評価数字を見ればよいのかといった落とし込みが行われ、理解しやすかったのではないでしょうか。